PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】エイムレスポンス曲線の設定はどれがおすすめ?

「CoD:BOCW(コールオブデューティ・ブラックオプスコールド・ウォー)」の設定で調整できる「エイムレスポンス曲線タイプ」についてまとめました。 今作では「スタンダード」、「直線」、「ダイナミック」の3パターンの設定があるので、それぞれの特徴やおすすめ設定など参考になればと思います。   この記事には「おすすめの設定」も紹介していますが、プレイスタイルや感度によっても変わるので、実際にカスタムマッチなどで試しながら調整してみてください。 エイムレスポンス曲線タイプとは? スタンダード、直線、ダ ...

PS5 ゲーム 周辺機器

PS5で120fps出せるモニターと出せないモニター一覧

このブログでは「PS5に対応したモニターの選び方」として、リフレッシュレートや解像度などからおすすめのモニターをピックアップして紹介していますが、今回はその中でも「PS5で120fps出せるモニター」というところに焦点をおいてまとめています。   というのも、フルHDで120Hz以上に対応しているモニターを使用していても、PS5では120fpsでのプレイができないという事例が出てきました。   モニターのメーカーさんもこの内容については明確な回答ができていないような状況だったので、こち ...

ガジェット ゲーム

【モバイルモニター M505E】リモートワークやSwitchなどにおすすめ!(レビュー)

日本政府が推奨しているリモートワークという働き方がどんどん増えている状況もあり、仕事のためにモニターを用意するなど作業環境を整える方も多くなっているようです。 そんなタイミングで今回はGeChicのモバイルモニター「On-Lap M505E」を提供いただいたので、実際に様々な場面で利用したレビューを紹介しています。   実際に手元に届いたタイミングで第一に思ったことは、「リモートワーク以上にNintendo Switchに最適では?」ということ。 どうしても楽しい方に思いが動いてしまいそうですが ...

PS5 インターネット

【PS5をIPv6でプレイする】ルーターやプロバイダなど必要な設定、簡単な申込み方法について

PS5をIPv6の通信でプレイするためにはいくつかパスしなければならない項目があります! これまでPS4でIPv6でプレイされている方はとくに問題ないと思いますが、PS5を購入する機会にネット回線を見直すこともあると思うので、今回はルーターやプロバイダなどを中心に必要なものや、簡単な申込み方法などまとめてみました。 目次 PS5でIPv6をプレイするために必要なこと プロバイダへ申込み方法について 「IPv4 over IPv6」とは おすすめのプロバイダはある? ・ドコモ光の場合 ・auひかりの場合 ・ ...

インターネット

【PS5で高速通信】おすすめの光回線選びについて

PS5をプレイされる方で、もっとネット回線を速くするために光回線を見直してみようと考えられている方もいらっしゃるかと思います。 高速通信を実現するためには様々な方法がありますが、今回は根本的な部分である光回線に注目してまとめてみました。   現在自分が使っている回線がどうなのか、もう少しネット回線が速くなるのかなどについて参考になればと思いますのでぜひ読んでみて下さい。 PS5におすすめな光回線があるのかについても書いています。 目次 おすすめの光回線選びについて 選ぶポイント ・通信速度の速い ...

CoD PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】視野角のおすすめ設定と「エイム視野角(連動・個別)」について

「Call of Duty:Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)」(以下CoD:BOCW)が発売されたので、改めて設定面を調整しました。 今回はその中の「視野角」について紹介しています。 視野角はどれくらいがおすすめなのか、新たに設定できる「エイム視野角」の連動と個別の違いなども画像を合わせて書いているので読んでみてください。 目次 視野角ついて ・PS4では高い視野角でのプレイはおすすめしない ・視野角の違いとメリット・デメリット エイム視野角 ...

WordPress

アクセス数が少ないのにアフィリエイトリンクのクリック数が多い原因

更新日:

このブログFrontier9では、記事によっては「もしもアフィリエイト」のアフィリエイトリンクを貼らせてもらっています。

9月のレポート記事を書いている時に、アクセス数に対してアフィリエイトリンクのクリック数が多いことに気づきました。

 

CTRが約20%。。
こんなにアクセスが少ないのにこんなにクリックされるはずがないし。。

過去の経験からありえなくもない事案でしたが、このブログでは間違いなくありえなかったので原因を追求しました。

するとどうやら「プラグイン」が関係していたいようです。
(絶対こいつが原因というわけではなく限りなく100%に近い)

アクセス数が少ないのにアフィリエイトリンクのクリック数が多い原因

実は前にアクセス解析の方で若干の違和感はを感じていたので、原因を見つけるために「間違えて他のブログにFrontier9のアフィリエイトリンクを貼っていないか?」など調べてみましたが、それはどうやら違ったようで一旦放置していたんですね。

 

今回ようやく改めてチェックしたのち、解決まで行けたので同じようなユーザーにも参考になればと思い記事に起こしてみています。

 

クリック数が異常値になっている原因となる可能性をあげました。

それに合わせて解決策も記載しています。

 

原因と解決策

今回気になった自分のレポート画像です。

pv数に違和感はそんなにないですが、自分のブログではこんなにクリックされるような記事は現在無いのでおかしいのは明らかでした。

楽天やセブンネットのプロモーションでCTRが約20%で成果も0円っていうのも違和感ですよね。

 

1. そもそもそのアフィリエイトリンクをクリックされていること自体が事実である

アクセス数とクリック回数のバランスが逆(アクセスが100pvなのにクリックが200回など)という場合は明らかにおかしいので該当しませんが、少し極端な例でいうと「アクセスが100pvでクリック回数が70回」という感じでクリック数が多く感じるという場合。

そのクリックは実際に自分のブログでクリックされている数値で間違いないという可能性は少なからずあります。

なのでアクセス解析で該当のブログから「サイト外」へのクリック先(URL)を調べていきます。

 

サイト外へのクリック数とアフィリエイトレポートの方でのクリック数がほぼ合っていれば、実際に自分のブログからクリックされているものと判断してOKだと思います。

このパターンはなかなかないと思いますが、もし実際にちゃんとクリックされていたのであればおそらくかなり優秀なCTRだと思います。

 

ただ、いたずらで同じ人間が何度もクリックしているという可能性もありますので、アクセス解析で同一IP殻ではないかなどはチェックしておいたほうが良いです。

 

2. 他のブログにリンクを貼り付けている

Aブログで使わなければならないアフィリエイトリンクをBブログの記事で使ってしまっているという可能性。

複数のブログを運営されている方は、うっかりやってしまうミスの一つかもしれません。

 

この場合はクリック数が多くて変だと感じているブログのアフィリエイトリンクのidを、自分の運営しているその他のブログで間違えて使っていないかを調べます。

 

場合によってはかなり骨折れ作業になるかもしれませんが、WordPressであれば記事一覧ページから検索をかけることできるのでかなり便利。

記事内の文字も読み取ってくれるので、アフィリエイトのidで検索をかければ該当している記事をピックアップしてくれます。

もし該当している記事が見つかれば、記事内のリンクを差し替えて解決です!

 

パッと疑えるものはこの2つくらいかなというところ。

これらで解決する場合が大いにあります。

 

それでも原因元がわからない場合、WordPressブログ運営している人であれば「プラグイン」が原因になっている可能性があります。

 

プラグイン「Broken Link Checker」がやらかしている

今回僕のブログがそうでした。

クリック数に影響を与えていたのはこのプラグインを入れていたからだったみたいです。

僕の場合ですが、このプラグインを外してみると自分のブログではクリック数が少なくなってCTRも下がりました。

おそらく本来のカウント数に戻すことが出来たと思います。

詳細はよくわかってはいませんが、原因はリンク切れを調べるためのアフィリエイトリンクへのアクセスが、もしもアフィリエイト側ではクリックとしてカウントされていたということなんでしょう。

 

今まで別のWordPressブログではこの「Broken Link Checker」というプラグインは利用したことがなかったので、こういう事例があることを知りませんでしたね。

 

「Broken Link Checker」の設定でも解決できる

「Broken Link Checker」というプラグインは名前の通り「リンク切れ」の発見に役立つプラグインです。

一応これで解決はできましたが、できればリンク切れの発見はしたい。

なので、この「Broken Link Checker」では特定の単語(語句)を含んだURLをチェックしない設定をすることが出来るので、そちらのやり方も書いておきます。

WordPressのダッシュボードから「設定」→「リンクチェッカー」に進む。

次のページで「チェックするリンクの種類」というページを開きます。

こちらの一番下の「除外リスト」の横にある「これらの単語を含むURL〜」の下の空欄に任意の単語(語句)や文字列を入力します。

今回の場合であれば「もしもアフィリエイトのアフィリエイトリンクの一部」を記載という形。

こちらの設定を完了させることでもカウントされることはなくなりました。

 

「Broken Link Checker」を使う際は予めこの設定はしておいたほうが良いですね。

 

このプラグインがおそらく原因だとは思いますが、これをやったからと言って確実に直るという保証はないのでそこは理解してもらえたらと思います。

 

僕は解決したのでよかったですがね。

WordPressでブログを運営しているユーザーなら、もしかしたら同じような事例に遭遇することもあるかもしれないと思い、記事を書きました。

 

少しでも参考になれば幸いです。

-WordPress

© 2020 Frontier9 Powered by STINGER