集客

MEO対策を自分で始めるやり方、登録手順について

更新日:

今回は「MEO対策」を自分で始めることができるのか、自分で始める際の登録手順などについて詳しく解説していきます。

最近ではGoogleマップからお店予約できるようになっていることもあり、今までは「探すため」のものだったものが、「予約するため」というところまで直結するものになっているので、事業者や店舗などにとってもかなり重要なものという認識が高まっていると思います。

 

さらにはお店などを地名と業種(カフェなど)で検索した方の70%以上のユーザーがMEOで見ていることがわかっています。

 

ということで、今回初めて登録する方もスムーズにMEO対策をはじめて行けるよう下にまとめているので、紹介している登録手順に沿って進めてみてもらえたらと思います。

  • MEO対策とは
  • 無料でできるのか
  • MEO対策が重要な理由
  • MEO対策の始め方(登録手順)

主にMEO対策を始めるところまでについて記載しました。

始める前に事前に読んでいただきたい記事もありますので、そちらも参考にしてもらえたらと思います。

MEO対策を自分で始めるやり方、登録手順について

MEO対策とは

MEOは「Map Engine Optimization」の略称です。

Google検索などの検索エンジンがわかれば理解しやすいと思いますが、こちらのMEOはGoogleマップでの検索エンジンのことを指しています。

自分の店舗などを「地名+業種」などのキーワードで上位表示をするためにこの対策を行うことで、「Googleマップの検索エンジンで最適化する」というのがMEO対策というものです。

SEOとは違いどちらかといえばローカルなものになりますね。

 

もう少し噛み砕いて説明すると、

「渋谷 美容院」で検索した際を例にしていますが、このカードに表示させるための施策がMEO対策というものです。

 

料金をかけず無料で利用できるのか

上に紹介したようなカードの部分に自分の事業や店舗を掲載するには、Googleマイビジネスへの登録が必要になります。

Googleマイビジネスを利用するのに基本的に料金はかかりませんので、無料で始めることが可能です。

 

店舗集客を加速させる方法として費用をかけられる部分もありますが、しっかり費用対効果なド事前に調べた上で行ったほうが良いですね。

  • グーグル検索結果に広告を出す(アドワーズエクスプレス)
  • 360°写真を掲載(Google認定フォトグラファー)
  • Googleマップや検索結果の順位を上げる

上のようなものがあります。

 

重要性について

日本人の検索エンジン利用率はスマホでもパソコンでもGoogleが約70%に迫る勢いという結果が出ています。

世界的に観てもGoogle1強な時代です。

上の画像はGoogle検索で 「渋谷 美容院」という形で検索した結果のページです。

カード式で目立つ形で表示されているのがわかると思いますが、このカード型の表示はYahoo!検索など他の検索では出てきません。

 

日本のGoogle利用率が70%近くあることから、事業者様などはこの部分へ自分の店舗を掲載するべきというのは必然的に理解できると思います。

しかし、以外にもまだまだ競合企業が少ないタイミングであるため、早く始めれば始めるほど顧客を獲得する可能性が高い状態にあることが言えます。

 

※必ずしも検索結果に表示されたカードの上位へ掲載されるわけではありませんので、上位表示させていくための施策が必要になっていきます。

 

Googleマイビジネスへの登録が必要

MEO対策を行うには大前提としてGoogleマイビジネスへの登録が必要です。

登録の流れは特に難しくなく自分でできるものだと思います。

 

Googleマイビジネスへ登録するためには事前にGoogleアカウントが必要になるので、こちらからGoogleアカウントを取得しておきます。

このGoogleマイビジネスへ登録することでGoogleマップと連携してマップ上にお店の情報などを掲載することができるようになります。

 

Googleマイビジネスへの登録手順

主な工程は下記の項目になっています。

  1. Googleマイビジネスへログイン
  2. ビジネス名の名前を入力
  3. ビジネスカテゴリ入力
  4. 店舗住所入力
  5. 配達出張サービスの有無
  6. 連絡先やブログ・HPなどの入力

Googleマイビジネス

 

上記リンクからTOPページへ行き「今すぐ開始」をクリックします。

 

次に「ビジネス名の名前を入力してください」へビジネス名を記載して次へ進みます。

 

続いて自身の最も近いビジネスカテゴリを入力します。

 

次に、店舗などユーザーが訪れることができる場所があれば「はい」にチェックを入れて進みます。

 

 

「はい」に入れた方は所在地の住所情報を記載します。

こちらに記入した住所へGoogleから確認のPINコードが手紙が届くので間違いなく入れておきましょう。

 

ビジネス拠点以外の地域でのサービス提供がある場合は「はい」へ、なければ「いいえ」へチェックを入れて「次へ」進みます。

 

連絡先の記載とブログやHPなどあればURLを記載します。

連絡先情報は信頼性を高める要素にも直結するので記載するのがベストです。

 

最新情報の入手は需要な情報な場合もあると思うので「はい」でOKです。

 

こちらの確認に目を通し、終了をクリックします。

 

最後に確認方法を選択します。

ハガキは登録完了までに少し時間がかかりますが、電話での確認はハガキより素早く進めることができます。

PINコードの確認があるので、電話での確認の場合はメモ等を忘れずにしましょう。

 

まとめ:MEO対策を自分で始める方法と登録手順

以上がGoogoleマイビジネスを始めるための登録手順になります。

今回はMEO対策を始めるための大前提部分として「登録手順」として書かせていただきました。

基本的に簡単な情報入力で済ませられる内容だったのではないですかね!

 

Googleアカウントが事前に必要なのであらかじめ取得しておく必要があるので注意しましょう。

 

まだ大きく日の目を浴びていないMEOではありますが、有名な企業ほどどんどん取り組みを始めているようで今後間違いなく注目されていく集客方法です。

強みはなんと言ってもローカルな部分ですね。

現段階でもまだMEO対策を導入されていない店舗は多数あるので、SEOより競合が少ない今のうちにスタートさせて顧客を獲得できると一歩先を行けるのではないかと思います。

 

MEOはSEOの約5倍見られる可能性がある!【上位表示対策】

前回MEO対策をするための初歩的な部分について記事を書きまし ...

続きを見る

誰でもできるという部分でMEOでの上位表示対策について記載しました。

MEOを始めたいなら分析は絶対やらなくちゃダメ!注意点2つ

MEOを始めたい方が読まれていると思いますが、始めるだけであ ...

続きを見る

こちらはスタートする前に読んでおきたいMEOの分析についての記事です。

-集客

© 2021 Frontier9 Powered by STINGER