PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】エイムレスポンス曲線の設定はどれがおすすめ?

「CoD:BOCW(コールオブデューティ・ブラックオプスコールド・ウォー)」の設定で調整できる「エイムレスポンス曲線タイプ」についてまとめました。 今作では「スタンダード」、「直線」、「ダイナミック」の3パターンの設定があるので、それぞれの特徴やおすすめ設定など参考になればと思います。   この記事には「おすすめの設定」も紹介していますが、プレイスタイルや感度によっても変わるので、実際にカスタムマッチなどで試しながら調整してみてください。 エイムレスポンス曲線タイプとは? スタンダード、直線、ダ ...

PS5 ゲーム 周辺機器

PS5で120fps出せるモニターと出せないモニター一覧

このブログでは「PS5に対応したモニターの選び方」として、リフレッシュレートや解像度などからおすすめのモニターをピックアップして紹介していますが、今回はその中でも「PS5で120fps出せるモニター」というところに焦点をおいてまとめています。   というのも、フルHDで120Hz以上に対応しているモニターを使用していても、PS5では120fpsでのプレイができないという事例が出てきました。   モニターのメーカーさんもこの内容については明確な回答ができていないような状況だったので、こち ...

ガジェット ゲーム

【モバイルモニター M505E】リモートワークやSwitchなどにおすすめ!(レビュー)

日本政府が推奨しているリモートワークという働き方がどんどん増えている状況もあり、仕事のためにモニターを用意するなど作業環境を整える方も多くなっているようです。 そんなタイミングで今回はGeChicのモバイルモニター「On-Lap M505E」を提供いただいたので、実際に様々な場面で利用したレビューを紹介しています。   実際に手元に届いたタイミングで第一に思ったことは、「リモートワーク以上にNintendo Switchに最適では?」ということ。 どうしても楽しい方に思いが動いてしまいそうですが ...

PS5 インターネット

【PS5をIPv6でプレイする】ルーターやプロバイダなど必要な設定、簡単な申込み方法について

PS5をIPv6の通信でプレイするためにはいくつかパスしなければならない項目があります! これまでPS4でIPv6でプレイされている方はとくに問題ないと思いますが、PS5を購入する機会にネット回線を見直すこともあると思うので、今回はルーターやプロバイダなどを中心に必要なものや、簡単な申込み方法などまとめてみました。 目次 PS5でIPv6をプレイするために必要なこと プロバイダへ申込み方法について 「IPv4 over IPv6」とは おすすめのプロバイダはある? ・ドコモ光の場合 ・auひかりの場合 ・ ...

インターネット

【PS5で高速通信】おすすめの光回線選びについて

PS5をプレイされる方で、もっとネット回線を速くするために光回線を見直してみようと考えられている方もいらっしゃるかと思います。 高速通信を実現するためには様々な方法がありますが、今回は根本的な部分である光回線に注目してまとめてみました。   現在自分が使っている回線がどうなのか、もう少しネット回線が速くなるのかなどについて参考になればと思いますのでぜひ読んでみて下さい。 PS5におすすめな光回線があるのかについても書いています。 目次 おすすめの光回線選びについて 選ぶポイント ・通信速度の速い ...

CoD PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】視野角のおすすめ設定と「エイム視野角(連動・個別)」について

「Call of Duty:Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)」(以下CoD:BOCW)が発売されたので、改めて設定面を調整しました。 今回はその中の「視野角」について紹介しています。 視野角はどれくらいがおすすめなのか、新たに設定できる「エイム視野角」の連動と個別の違いなども画像を合わせて書いているので読んでみてください。 目次 視野角ついて ・PS4では高い視野角でのプレイはおすすめしない ・視野角の違いとメリット・デメリット エイム視野角 ...

お金&ビジネス

QR決済アプリの比較とユーザータイプ別おすすめアプリ

更新日:

最近はCMでも多く取り上げられているので耳にすることが増えてきているスマホ決済ですが、今回このQR決済の比較とメリットやデメリットについて書いていきます。

比較表には店舗数やポイント有効期限などそれぞれのアプリの特徴も記載しています。

ユーザータイプによっておすすめするアプリも記載しましたので参考になれば幸いです。

QR決済の比較とメリット・デメリット

比較の前に、QR決済についてイマイチピンとこない方もおられるかもしれないので、そもそもQR決済とはどういったものなのか、QR決済を導入することで現金支払いとどう変わるのかなどを書いたものもありますので参考までに載せておきます。

QR決済とは?導入したほうがいい理由

 

QR決済にするメリット

買い物するたび割引が適応される感覚

ポイント還元があるので、商品を購入するたびにポイントが付く。

10,000円分の商品を現金で支払っても特に割引はないですが、還元率10%のアプリであれば1,000円分のポイントが貯まるため、実質1割引されているということになります。

QR決済にするだけでこの恩恵が受けれるのはいいところですね。

 

お会計があっという間でストレスフリー

お会計がスマホをかざすだけで済むようになるので、小銭を数えたりお釣りを受け取るという事がなくなります。

それだけでももたつきがなくなりますが、自分以外の方もQR決済を使っているのであれば、レジ待ち時間が大幅に短縮されますよね。

QR決済をすでに始めている方からすると、現金支払いしている方はやっぱり長いなぁと感じてしまうところもあるんじゃないですかね。

 

財布いらずな生活でセキュリティ面に強い

個人的にはまだまだ財布を持つ習慣はなくならないだろうと思いますが、ちょっとした買い物などであれば財布を持たずにふらっとスマホを持って買い物を済ますことも普通になります。

財布を持たないという形で生活できるのであれば、落としたり無くすリスクも減るのでセキュリティ面は強いですね。

財布をなくすと中身がなくなったりするのが普通だと思いますが、スマホをなくしたり盗難にあった場合でも、セキュリティ面(IDやパスワードなど)がしっかり施されていれば直接お金に影響することは少ないかと思います。。

まぁこれはどう取るかですが、財布を持つことが好きな方もいるので一概にもメリットというわけではないかもしれませんね。

 

レシートが要らなくなる

アプリで購入明細などの記録が残るため、レシートを毎度受け取る必要なくなります。

家計管理などでレシートを集めている方も、対応しているお店を使って買い物をすれば家計管理ももっと楽になります。

 

QR決済のデメリット

対象店舗がまだ少ない

これが一番のデメリット部分ですかね。

まだまだQR決済というものの認知度が高くないので、QR決済機能を導入されているお店は多くありません。

アプリごとに対応しているお店も異なったりするので、買い物する際は商品をカゴに詰める前に対応しているか確認しておく必要があります。

 

通信環境が悪いとうまく読み込めない

たまにあるのですが、QRコードを上手く読み取ってくれない場合があります。

スマホの通信環境に依存するので少し厄介な部分ではありますね。

 

現金対応できない

どうしても現金で払わなきゃいけないシチュエーションがありますね。

例えば大勢での食事会で割り勘する際などは現金があったほうが良いシーンですね。

回りもキャッシュレスな人はまだまだ少ないので、完全にQR決済などのキャッシュレスで生活するのはなかなか融通がきかないのが現状かもしれません。

 

QR決済アプリの比較

現在いろいろなQR決済アプリが出てきています。

ただ、「たくさんありすぎて結局どれがいいかわからない」と言う方も多いハズ。

様々なブログやHPでもQR決済の比較をされているので、自分にあうアプリも見つけやすくなってきているかと思います。

こちらではライフスタイルや、用途に合わせたアプリをまとめましたので、比較の参考になれば幸いです。

 

下の表はざっくりとしたアプリ比較表です。

アプリ還元率コンビニ加盟店数支払い上限額
(1回あたり)
キャンペーン強み
LINE Pay0.5〜2%
(コード払いで3%上乗せあり)
還元率詳細
ローソン
ファミリーマート
ポプラ
約136万箇所以上
加盟店
100万円まで(本人確認前は10万円)開催中キャンペーン海外で利用可能。
チャージした分だけの利用が可能なので使いすぎがない。
PayPayPayPay残高、Yahoo!マネー、Yahoo!JAPANカード支払いで3%還元
クレジットカードは0.5%還元
ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
ポプラ
約60万店舗
加盟店
50万円開催中キャンペーン新規登録で500円分もらえる。5,000円以上チャージすると1,000円分還元。
楽天Pay0.5〜1.5%ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
ポプラ
約300万箇所
加盟店
50万円(コンビニでは4000円まで)開催中キャンペーンポイント有効期限が1年。
期間限定ポイントから自動的に使用してくれる
d払い0.5〜2.5%ローソン
ファミリーマート
ミニストップ
ポプラ
約100万箇所
加盟店
1万円・3万円・5万円の範囲内で設定可能(限度額引き上げも可)
詳細
開催中キャンペーンポイント有効期限が4年と長い
au PAY一般ユーザー0.5%
有料ユーザー1.5%
ローソン
ミニストップ
ポプラ
約100万箇所
加盟店
5万円開催中キャンペーンポイント有効期限が4年と長い

とにかくポイントを貯めたいユーザーには「楽天Pay」「d払い」「PayPay」

まず1つは「楽天Pay」がおすすめ。

楽天カードを利用しているユーザであれば、3重で還元を受けることもできます。

楽天Payを利用して支払うと、200円毎に楽天スーパーポイント(還元率0.5%)が1ポイント貯まります。

更にこれを楽天カード決済にすることで更に1%還元されるので、実質1.5%が還元率となります。

仮にローソンなどで支払いするのであれば、Pontaカード(1%)も合わせれば合計2.5%の還元を受けることができます。

 

続いて「d払い」もおすすめです。

dアカウントをお持ちの方(ドコモユーザー以外も利用可能)であれば、店舗で使用する際200円毎に1ポイント貯まります。(還元率0.5%)

更にネットショップで買い物する際に利用すると100円毎に1ポイント貯まります。(還元率1%)

プラスαで還元率を受けれるクレジットカードの決済を利用することで、最大2%の還元率を受け取ることもできます。

 

「PayPay」もかなりおすすめですね。

支払い方法によって左右されるのですが、PayPay残高、Yahoo!マネー、Yahoo! JAPANカードのどれかで支払うことによって、決済金額3%相当のPayPayボーナスがもらえます。

Yahoo! JAPANカードを利用されている方であれば、実質4%の還元率(100円毎にTポイントが1ポイント貯まるので)です。

 

コンビニで使えればいい派の方は「楽天ペイ」「d払い」「Pay Pay」

現状多くのコンビニに対応しているのは「楽天ペイ」、「d払い」、「Pay Pay」といったところです。

今後はセブンイレブンも対応(7月導入予定)になっていくので、よく使うコンビニに合わせて使うアプリは今後変わる可能性はあります。

コンビニ自体はほとんどのアプリで対応しているので、自分の主要コンビニとその他のアプリの特徴に合わせて選んでみてください。

 

ポイントが消滅しにくいアプリ

ポイントをあまり消費しないタイプの方は、ポイントが消滅するまでの期間が長いアプリのほうがいいですね。

期間限定ポイントなどもあるのでできるだけ期限内には使いたいところ。

上に挙げているアプリのポイント有効期限が長い順に記載すると、

  1. d払い・・・4年
  2. au PAY・・・4年
  3. PayPay・・・2年
  4. 楽天Pay・・・1年
  5. LINE Pay・・・6ヶ月

Origami Payは省いています。

楽天Payは1年ですが、期間限定ポイントから優先的に利用してくれるので期限切れでのポイント消失はしにくくなっています。

LINE Payはポイントをたくさん貯めたい人には向かないかもしれないですね。

 

海外で使えるアプリ「Origami Pay」「LINE Pay」

現在は「Origami Pay」、「LINE Pay」が海外対応しています。

今後セブンPayやAmazon Payなどもでてくるようですし、海外での対応かも進んでいくと思われます。

 

まとめ

長くなりましたが、以上が「QR決済の比較とメリット・デメリット」です。

比較表などを見てみると、還元率にはそこまで大きな差はないように感じますね。

それよりキャンペーンをしっかりチェックしたほうが良いかもしれません。

 

QR決済アプリを選ぶ基準としては、自分の生活スタイルにあっているものから選ぶのがベストなのかなと思います。

例えば楽天スーパーポイントをためているユーザーであれば「楽天Pay」がおすすめだったり、ドコモのネットショップをよく利用する方であれば「d払い」を利用するのがおすすめだったり、現環境に合うQR決済アプリを選ぶのがスムーズであると思います。

 

もちろん新しいライフスタイルを確立するために選ぶのも良いですので、「これが一番ストレスなく使いやすそう」という感覚で選ぶのが良いですね。

 

どれを使っても現金払いしている方よりは得をするの思うので、今後もっと多様化されるようになってから再びアプリを見直す形でいいのかなと自分は思っています。

-お金&ビジネス

© 2020 Frontier9 Powered by STINGER