イヤホン ガジェット

【SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS】音質レビュー/(7180円のLDAC対応ワイヤレスイヤホン)

SOUNDPEATSより10月22日発売のLDAC対応ワイヤレスイヤホン「Air3 Deluxe HS」をレビューさせていただきます。

主に音質の比較やアプリとの連携、そしてコストに対する性能面について細かくレビューしているので参考してみてください。
※SOUNDPEATS様より提供していただいております。

Air3 Deluxe HSのポイント

  • 世界初の「ハイレゾワイヤレス認定」 インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン
  • 7,180円とは思えない性能の低コストワイヤレスイヤホン さらにクーポン等仕様で4,941円にまで値下げ!(期間内購入の場合のみ)
  • 「LDACコーデック」対応
  • 最大20時間の音楽再生可能
  • 遅延を抑えるゲームモード搭載
  • アプリでのイコライザー設定が可能

ざっと「Air3 Deluxe HS」のポイントを先に紹介していますが、かなり高性能なワイヤレスイヤホンだと思います。

細かい部分は目次などからしっかり読み進めてみてください!

Air3 Deluxe HSのスペックと外観レビュー

現在クーポンコードなども発行されており、最大4,941円という低価格で購入できるので下を参考に。

公式サイト:製品ページ/Amazon
通常価格:7,180円(税込)
5%OFFクーポンコード→「A3DHSYTBR9」10/29日まで利用可能
販売ページでの1880円OFFクーポンとも併用可能です。

スペック/仕様

Bluetooth仕様Bluetoothバージョン:5.2
対応プロファイル:A2DP,AVRCP,HFP,SPP,GATT
対応コーデック:AAC,SBC,LDAC
通信範囲:10M
基本仕様ドライバー:14.2mmダイナミックドライバー
通話用内蔵マイク:高感度MEMSマイク*2(片側)
防水規格:IPX4 ENC通話ノイズキャンセリング
バッテリーバッテリー容量
・300mAh(ケース)
・30mAh*2(イヤホン)
イヤホン本体
充電時間:約1.5時間
再生時間最大約5時間再生
充電ケース併用:約20時間
充電充電ポート:USB Type C
イヤホン本体充電時間:1~2時間
寸法等本体:60*22.5*48 mm(ケース込み)
イヤホン/片側:約4g
充電ケース+イヤホン両側:約36.3g

パッケージ内容は下のようになっています。

パッケージ内容

  • SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS
  • 充電ケース*1
  • USB-C充電ケーブル*1
  • 取扱説明書*1

ケースの外観

【ケース正面】

【ケース裏面】

表面は全体的にシンプルなブラックカラーでプラスチック素材です。

正面側にはペアリングボタンがついており、ペアリングやリセットが可能になっています。

指紋は少し目立ちやすいかもしれませんが、光沢加工もされているため安っぽく感じることがないのが良い点です。 サイズも6 x 2.3 x 4.8cmと手のひらに余裕で収まるほどコンパクト。

ポケットに入れて携帯するにも邪魔になりにくいサイズ感です。

イヤホンの外観

【イヤホン外側】

【イヤホン内側】

イヤホン本体の外側には左右どちらにもタッチセンサーが搭載されており、「SOUNDPEAT」のロゴである「S」をタッチすることで音量の調整や曲送り・巻き戻しなどができるようになっています。

主な操作はこちらより。

装着感や操作性について

装着感

早速「Air3 Deluxe HS」装着してみましたが、片耳約4gということもあり重さを感じることがないため非常に疲れにくいです。

耳にしっかり装着するかについては、インナーイヤー型のイヤホンということもあり接着面が少ない分取れやすそうな印象はあります。

ただ、これは私が常時カナル型のイヤホンを使用していることもあるため、普段からインナーイヤー型のイヤホンを使用している方はそんなに気にならないのではないでしょうか。

現に、私がたまに使用している「EarPods」より取れにくかったですし、「Air3 Deluxe HS」を装着したまま前後左右に頭を振っても耳から外れることはありませんでした。 激しい運動にも対応できるかというと自信をもって「大丈夫!」とは言えませんが、頭を振っても取れないところから十分な装着性能はあると思われます。

個人的にはもう少しだけしっかり装着できている感じがあると安心感があったかなという印象です。

操作性について

イヤホン外側のロゴマーク部分がタッチセンサーになっています。

電源ON自動:充電ケースの蓋を開ける
手動:1.5秒長押し
電源OFF自動:充電ケースに収納し蓋を閉める
手動:10秒長押し
再生/停止自動:耳から左右どちらか片方のイヤホンを外す
手動:左右どちらかのタッチセンサーを2回タップ
音量アップ右側のタッチセンサーを1回タップ
音量ダウン左側のタッチセンサーを1回タップ
曲送り右側のタッチセンサーを1.5秒長押し
曲戻し左側のタッチセンサーを1.5秒長押し
着信受話 通話終了左右どちらかのタッチセンサーを2回タップ
着信拒否左右どちらかのタッチセンサーを1.5秒長押し
通話切替え左右どちらかのタッチセンサーを2秒長押し
手動ペアリング充電ケースのマルチボタンを3秒長押し
音声アシスタント右側のタッチセンサーを3回タップ
ゲームモード左側のタッチセンサーを3回タップ

タッチセンサーの感度はしっかりしており、使っている限りでは良好に感じました。

操作できる機能も無駄に多くないため、使用していれば感覚で操作できるようになります。

ただ、感度がいい分耳へ装着する際に音量調整してしまったり、曲を次へ送ったりと誤操作が起きてしまうシーンがありました。

この点は慣れれば改善するかもしれませんね。

自動装着検出機能に対応しているので耳から外すだけで自動で一時停止が行われ、再度装着すると再生が始まります。

この点もストレスがなくうれしい機能です。

取り回しが良くストレスがない

実際に使用して真っ先に感じたのが「取り回しの良さ」です。

ペアリングがまず非常に簡単。

最初こそスマホの設定で接続先の設定を行う必要がありますが、それ以降はケースからイヤホンを取り出した後、耳へ装着するタイミングですでに再生ができる状態になっています。 ペアリングの待ち時間がないのでストレスがまったくありません。

イヤホンを使用した後もケースに収納するだけでBluetoothの接続が解除されるため、こちら側で操作するのは流す曲を選ぶ程度なのでかなり楽なワイヤレスイヤホンだと思います。

音質レビュー

今回はいつも使っている「IE 100 PRO(約13,000円)」と、たまに使用する「EarPods(約2,700円)」の音と聴き比べて「Air3 Deluxe HS」の音質についてお伝えしています。

注意点

最大の特徴である「LDAC」コーデックは、使用するデバイスがLDACに対応している必要があります。

今回私の使用環境では「LDAC」コーデックが使用できなかったので、その点を考慮して参考にしていただけたら幸いです。

「Air3 Deluxe HS」でいろいろな音楽を聴いてみましたが、音質は率直に言うと中高音の解像度が高くクリアで聴きやすい音質です。

低音は強いタイプではないですが、ある程度の音圧もしっかりしているため低音が足りない安物っぽい「スカスカな音」や、「こもる感じの音」ではないので気持ちよく聴けます。

ワイヤレスという点と7,180円という価格で考えても、かなり高いクオリティではないかと思います。

よくあるホワイトノイズもなく、音量を上げても音割れがありません。 音の分離でいうと「IE 100 PRO」と比べるとさすがに劣る点はありますが、インナーイヤー型の特徴である音の空間表現が良い分音に広さを感じました。

EarPodsと比べると明らかな臨場感の違いが感じられ、音質の差を感じられると思います。

イコライザーに関して

アプリを使用することでイコライザーの設定が可能になり、好みの音質で楽しむことができます。

個人的にこの機能はかなりポイントが高いです。

自分で細かく調整するのが良くわからない方は、アプリに最初から用意されているプリセットがあるのでそちらから選んで好みの音質で楽しむことができます。

EQカスタマイズの方では低音域、中音域、高音域で細かく独自の音質を作ることができるので、こだわりがある方はこちらで調整することでより自分好みな音質を設定可能です。 ここで設定したイコライザー設定はイヤホン本体で記憶されるようで、他のデバイスで接続した際もアプリで設定した音質で聴くことができました。

※(例)スマホアプリで設定した後、PCでBluetooth接続してもアプリで設定した音質で聴くことができる

高音質コーデックLDAC対応について

今回私が「LDAC」に対応しているデバイスを用意できなかったため、簡単ですが性能について紹介させていただきます。

「Air3 Deluxe HS」は日本オーディオ協会の「Hi-Res Wireless」ロゴを冠したインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンということで、LDAC対応インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンにおいては世界初だそうです。

再生帯域が最大20Hz~40kHzで、ボーカルから楽器の音まで繊細な再現が可能なイヤホンとなっており、「LDAC」の対応によって最大990kbpsの伝送レートを実現することで原音を忠実に再現できるイヤホンです。

マイク音質

  • 音声入力用、ノイズフィルター用など計4基のマイクを搭載
  •  ENC通話ノイズキャンセリング機能

実際に自分でしゃべった声を録音して聞いてみたところ、マイク音質に関してはワイヤレス製品ということもあり特別良いということではないですが、マイクのピックアップが結構いいので相手に声を伝えるという点では問題ないのかなという印象。

ノイズキャンセリング機能も搭載されているので、テレワークや騒がしい場所での通話もクリアに届けられる点も良いポイントではあります。

ただ、LINE通話では聞き取りずらいという反応もあったので過度な期待はできないですね。

あくまでマイク機能は備わっているというレベルです。

ゲームモード機能が優秀

「Air3 Deluxe HS」にはゲームモードのON/OFFが搭載されています。

ゲームモードをONにすると60msの超低遅延モードになり、通話や操作のレスポンスがより良くなります。

とくにゲームなどをする場合に重宝する機能ですね。 試しにPCへ「Air3 Deluxe HS」を接続してAPEXをプレイしてみましたが、ゲームモードONであればほとんど遅延を感じることなくプレイができていました。

遅延によるストレスは感じません。

逆にゲームモードをOFFにしてAPEXをプレイしてみると、できるレベルではなかったです。

ゲームモードはしっかり効果が感じられるとはいえ、音ゲーなどのタイミングが重要なゲームではさすがに有線でプレイしたほうがいいとは思います。

デメリットとしては、ゲームモードをONにすると通信範囲が狭まります。

なので、音楽を聴くシーンなどは低遅延モードの方がおすすめです。 ゲームモードにすることによる音質劣化などは感じませんでした。

おすすめポイントについて

個人的に感じたポイントをピックアップしました!

  • ワイヤレスでも聴きごたえがある音質
  • マイクにはノイズキャンセリングも搭載されている
  • アプリでイコライザーの設定ができ、他デバイスでも使用できる
  • 取り回しがいいのでストレスが少ない
  • 7,180円というコストパフォーマンスに優れているところ

細かくレビューしたそれぞれの内容を見てもらえたらわかるように、「Air3 Deluxe HS」は性能に対するコスパの良さが非常に良いと思いました。 これで7,180円なら自分としてもおすすめしやすいです。

私は「高音質コーデックLDAC」というこの製品の強みを試せてはいないものの、それでも音質に関してはかなり良さを感じています。

なので、LDACに対応しているデバイスをお持ちの方はより良い音で楽しむことができるはずです。

個人的には取り回しの良さもかなりおすすめなポイントになっています。

ペアリングを待たなければならない製品もあると思いますが、「Air3 Deluxe HS」にはそれがまったくありません。

地味な部分かもしれませんが、生活の中でこういった微妙なストレスがないだけでも選ぶ理由として大きいのではないかと思います。

気になった点

逆に気になった点は下の通りです。

  • マイク音質は必要最低限
  • タッチセンサーの誤操作が起きやすい
  • 有線充電のみに対応
  • もう少しだけ装着感があるとなお良かった

マイク音質はワイヤレスということもあり必要最低限というところでしたが、実際に通話してもこちらの声はノイズキャンセリングのおかげもあってかしっかり聞き取れていたようです。

充電に関してはあまりしっかり触れていませんでしたが、USB Type-Cでの充電というのは使い勝手も良いですね。

欲を言えばワイヤレス充電できると嬉しかったですが、コストを考えてもすこし無理やり欠点を絞り出したみたいなところがあります。

前提に7,180円という価格があるので、そこまで気になる点が多くなかったです。

まとめ:【Air3 Deluxe HS】ワイヤレスイヤホンレビュー

今回はSOUNDPEATS様より「Air3 Deluxe HS」というコスパに優れたワイヤレスイヤホンをレビューさせていただきました。

この「Air3 Deluxe HS」という製品は、こういったワイヤレスイヤホンを初めて購入する方にとっては最初に手にするのに適したものになるのではないかと思っています。

あまりワイヤレスイヤホンになじみがない方にとっては7,180円という価格は少し高いと感じる可能性もあるかもしれませんが、下手に安すぎる製品を手にするより最低限しっかりした製品を選ぶことを考えても“非常にちょうどいいもの“”になるはずです。

音質に関しても1万円を超えるものと3000円程度のもので比較しているので参考にしやすいのではないでしょうか。

個人的にも外出時に愛用する製品になると思うので、もっと良さを感じられる部分が出てきたら改めてレビューを追記していくつもりです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

公式サイト:製品ページ/Amazon 通常価格:7,180円(税込) 5%OFFクーポンコード→「A3DHSYTBR9」10/29日まで利用可能 販売ページでの1880円OFFクーポンとも併用可能です。

-イヤホン, ガジェット -, , ,