お金&ビジネス

Apple Watch支払いでスムーズ決済生活にする方法

更新日:

 

今回はApple Watchでの支払いをするための準備、手順についての方法を少し書いておきます。

Apple Watchを利用して決済している方はすでに導入されている方も多いかとは思いますが、手元にあるのにApple Watchで決済をしていない方は「これだけ宝の持ち腐れになってるよ!」というのを感じてもらいたい。。

 

準備や手順だったりがややこしいと思う方もおられるかもしれないですが、大幅に時間短縮できる生活になるので、この生活を続けると戻りたくなくなります。

暇な時にでも読んで、興味があれば実践まで持っていってもらえたらと思います!

Apple Watch支払いでスムーズ生活にする方法

難しいことは抜きにして、サクサクやり方を書いておきます。

必要なものは下記の通りです。

 

必要なもの

  • iPhone
  • Apple Watch
  • クレジットカードor Suicaなど

Apple Watch決済をするやり方

iPhoneで「Watch(アプリ)」をダウンロードし起動。

「WalletとApple Pay」へ進み、任意の登録カードを追加する。
(あらかじめWalletへクレカ等登録しておきます。)

Apple Watchのロックを解除しておきます。

「パスコードを設定」という表示がでたらそちらへ進み、新規パスコード設定画面でパスコードを設定。

「カードを転送」という画面が表示されますので、よければ次へ進んで終了です。

 

Suicaを使う場合は注意が必要

SuicaはiPhoneとApple Watchどちらかいずれか一つのデバイスでしか登録できないのでご注意ください。

両方使いたい方はSuicaを2つ持つ必要があります。

 

その他メリットデメリット

Apple Watchすごくいいよと紹介していますが、もちろんデメリット部分もありますのでそちらも把握した上で導入してみてください。

 

メリット

■とにかく支払いが楽!

何が楽かって、知っての通りApple Watchをかざすだけで支払い全てが済むわけです。

Apple Watchは腕に装着している間はロック解除状態なので、本人確認も必要なくかざすだけで決済が終わる。

  • Suicaはエクスプレスカード設定をしておく必要あり。
  • クレジットカードはサイドボタンをダブルクリックしてカードが表示されたらかざす。

日本でもApple WatchとでSuicaを使っている人がかなり多くなってきています。

改札のスムーズ差を追求するのであれば、Apple WatchにSuicaを導入して生活してみてください。

使えば気づくと思いますが、Apple Watchは右手につけるのがおすすめです!

デメリット

逆におすすめできないポイントもありますので紹介しておきます。

まず、ポイント貯める勢の方にはあまり向きません。

カード払いであれば〇%Offなどのシチュエーションもありますし、Apple Payで支払いするとせっかく使っているカードに還元ポイントが少なくなったり、付与されないことも。

お店で商品を購入する際はその辺にも目を向けたりする必要があるため、そのような面がめんどくさいと感じてしまう方も多いのではないですかね。

自分はスマホでQR決済したほうがオトクな場面などを把握して使うようにはしています。

 

まとめ

ここまで読んでみると、ん〜やっぱり今のままでもいいかなと思う方もおられるでしょう。

あくまでここでは「せっかくのApple Watchをもっと有効に使ってスムーズに生活してみよう」というものなので、「今の現状でいいや〜」という方はそれでいいんだと思います。

ただ、現金払いよりこういったスマートな決済を、今現状当たり前にやっている人がたくさんいるので、もっと快適な生活ってできるのになぁという感覚で記事を書かせていただいています。

 

現在現金払いをしている方なら、財布の準備や商品の価格に対しての小銭を数えたり、お釣りがあるのであればの受け取り時間もかかりますよね。

それがたった一回の「ピッ」で終わるんですから、みんなこれにしちゃえばレジに並ぶ時間がめちゃめちゃ短縮できるのになぁ、なんて考えます。

 

知っている側からすれば損、知らなければ損した気持ちにもならないものですから、もし悩まれているタイミングの方であれば、背中を押せる記事になっていれば幸いです。

-お金&ビジネス

© 2021 Frontier9 Powered by STINGER