ゲーム/PC周辺機器

PS4/PS5でコンデンサーマイクを使える?方法・必要な設定や接続方法を紹介!

更新日:

この記事はPS4やPS5でコンデンサーマイクが使えるかどうかについてまとめました。

結論から言うとPS4やPS5でコンデンサーマイクを使用することは可能で、2つほど接続方法があり簡単な設定方法などもあるので紹介しています。

本来ボイスチャットなどのやり取りはヘッドセットやマイクが付いているイヤホンで十分ですが、PS4やPS5でブロードキャストをする方やマイク音質をもっと良くしたい方にとってはコンデンサーマイクは最適です。

目次から必要な項目へ移動できますので読み進めてみてください!

PS4/PS5でコンデンサーマイクを使える?方法・必要な設定や接続方法を紹介!

必要なものについて

まず前提として必要なものを紹介しておきます。

必要なものは下のいずれかです。

① USB接続可能なコンデンサーマイク 

② USB接続できないコンデンサーマイク
 ※この場合はオーディオインターフェースも必要

これと言って多数必要なものがあるわけではないので、接続もシンプルです。

続いてそれぞれの接続方法を紹介します。

 

USB接続可能なコンデンサーマイクを使用する場合

上に紹介しているのは一例ですが、PCはもちろんPS4やPS5にもしっかり対応しているUSBで接続可能なコンデンサーマイク

このUSB接続できるコンデンサーマイクのみあれば可能なので、何もない状態から導入するのであればこちらを用意する方法が一番簡単で一般的です。

8000円ほどとコンデンサーマイクとしては安価ですが、単一指向性でマイク音質も良くレビューされている方も高評価な意見が多いのでおすすめになっています。

Amazonでも☆4.5なので興味がある方はチェックしてみてください!

 

USB接続できないコンデンサーマイクを使用する場合

コンデンサーマイク

オーディオインターフェース

自分はUSBで接続できないコンデンサーマイク(Audio-technica/AT2050)を持っているので、48Vファンタム電源の供給が可能なオーディオインターフェース(CLASSIC PRO / CAI16U)を介してUSBでPS4等に接続しています。

【マイクの裏側】
こちらに「CAI16U」の先端を差して接続。

【オーディオインターフェースの裏側】
裏側にUSBケーブルを接続してCS機へ。
ON/OFFボタンがあり、こちらでマイクをミュートすることも可能。

もちろんPCでの使用も可能です。

個人的にめちゃめちゃ重宝しており、かなりの頻度で2年以上使用しています。

少しランクの高いコンデンサーマイク使いたい方や、すでにコンデンサーマイクを持っている方には参考になると思いますが、持っていないのであればUSB接続でできる物を選ぶ方法で問題ありません。

参考までに自分が使用しているマイクとオーディオインターフェースを共有しておきます!

「CLASSIC PRO / CAI16U」はAmazonや楽天市場でも取り扱いされていますが、上に紹介しているサウンドハウスで購入するのが一番安く購入できるのでもしお求めになる方は参考にしてみてください。

1,000円程度は違います。

 

接続方法(PS4/PS5の設定)

ヘッドセット(マイク付きイヤホン等)ではなく、イヤホン・ヘッドホンと別でマイクを接続する場合は設定画面で変更しなければならない点があります。

上に紹介したどちらの方法にも当てはまることなので下の方法を参考に接続してみてください。

MixAmpやGameDacを接続する場合は注意点もあるので後半にまとめています。

 

PS4の場合

「オーディオ機器」の項目にある「出力機器を自動で切り替える」のチェックを外す

PS5の場合

「サウンド」の項目の「音声出力」にある「自動で出力機器を切り替え」をOFFにする

この状態にしておきます。

 

その後下の工程で接続してみてください。

①まず先に出力させるためのヘッドホンもしくはイヤホンを接続しておく
※コントローラー、USBいずれかで接続。

②オーディオインターフェースをUSBでゲーム機へ接続する

設定画面を確認し、出力がイヤホンもしくはヘッドホンになっており、入力が「※USBヘッドセット(USB Audio Device)になっているか確認
※CAI16Uの場合はUSBヘッドセット(USB Audio Device)という表記になっていると思います。

自分の場合はこの接続方法で問題なく機能しているので、この形で接続される方は参考にしてみてください。

 

アンプを使用する場合と注意点

MixAmp、GameDacどちらも持っているので接続して試してみました。

※予めお伝えしておくと、MixAmpを使用すると上手く機能しない可能性があります。

 

GameDacの場合

GameDacを利用している方は、GameDacを接続した後にPS4/PS5の設定画面から出力がGameDacになっていることを確認します。

次にコンデンサーマイクに接続したCAI16U(オーディオインターフェース)とPS4/PS5をUSBで接続して完了です。

 

一応出力と入力がそれぞれのデバイスになっているか確認してみてください。

この流れで接続することで問題なく機能しており、コンデンサーマイクを使ってパーティーチャット内でのやり取りすることが可能でした。

 

MixAmpの場合

MixAmpの場合も手順はGameDacの方法と同じで行いました。

MixAmpを接続した後にPS4/PS5の設定画面から出力がMixAmpになっていることを確認。

次にコンデンサーマイクに接続したCAI16U(オーディオインターフェース)とPS4/PS5をUSBで接続して完了。

設定画面で出力と入力がそれぞれのデバイスになっているかを確認。

 

この方法でGameDacと同じような状態で試してみましたが、MixAmpではパーティーチャットでのやり取りが上手くできませんでした。

ヘッドセットからのゲーム音が聞こえなかったり相手に声が伝わらなかったりしたので、MixAmpとの相性は悪いように思われます。

MixAmpを使用する場合は気をつけてみてください!

 

PS4/PS5でコンデンサーマイクを使える?方法・必要な設定や接続方法まとめ

以上がPS4やPS5でコンデンサーマイクを接続する方法です。

自分は問題なく使えているので、みなさんも接続方法や設定ができていれば使えるのではないでしょうか。

 

コンデンサーマイクということもあり、マイク音質もヘッドセットのものよりかなり良い音でチャットのやり取りなどができるようになります。

「ヘッドセットの音質は問題ないけどマイク音が気になる」という悩みが実際に自分もあったので、もし同じような悩みでこの記事が少しでも参考になっていれば幸いです!

今回はコンデンサーマイクで紹介していますが、ダイナミックマイクでもほとんど同じような形で接続できると思うのでもし機会があれば試して紹介できたらと思います。

-ゲーム/PC周辺機器
-,

© 2021 Frontier9 Powered by STINGER