PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】エイムレスポンス曲線の設定はどれがおすすめ?

「CoD:BOCW(コールオブデューティ・ブラックオプスコールド・ウォー)」の設定で調整できる「エイムレスポンス曲線タイプ」についてまとめました。 今作では「スタンダード」、「直線」、「ダイナミック」の3パターンの設定があるので、それぞれの特徴やおすすめ設定など参考になればと思います。   この記事には「おすすめの設定」も紹介していますが、プレイスタイルや感度によっても変わるので、実際にカスタムマッチなどで試しながら調整してみてください。 エイムレスポンス曲線タイプとは? スタンダード、直線、ダ ...

PS5 ゲーム 周辺機器

PS5で120fps出せるモニターと出せないモニター一覧

このブログでは「PS5に対応したモニターの選び方」として、リフレッシュレートや解像度などからおすすめのモニターをピックアップして紹介していますが、今回はその中でも「PS5で120fps出せるモニター」というところに焦点をおいてまとめています。   というのも、フルHDで120Hz以上に対応しているモニターを使用していても、PS5では120fpsでのプレイができないという事例が出てきました。   モニターのメーカーさんもこの内容については明確な回答ができていないような状況だったので、こち ...

ガジェット ゲーム

【モバイルモニター M505E】リモートワークやSwitchなどにおすすめ!(レビュー)

日本政府が推奨しているリモートワークという働き方がどんどん増えている状況もあり、仕事のためにモニターを用意するなど作業環境を整える方も多くなっているようです。 そんなタイミングで今回はGeChicのモバイルモニター「On-Lap M505E」を提供いただいたので、実際に様々な場面で利用したレビューを紹介しています。   実際に手元に届いたタイミングで第一に思ったことは、「リモートワーク以上にNintendo Switchに最適では?」ということ。 どうしても楽しい方に思いが動いてしまいそうですが ...

PS5 インターネット

【PS5をIPv6でプレイする】ルーターやプロバイダなど必要な設定、簡単な申込み方法について

PS5をIPv6の通信でプレイするためにはいくつかパスしなければならない項目があります! これまでPS4でIPv6でプレイされている方はとくに問題ないと思いますが、PS5を購入する機会にネット回線を見直すこともあると思うので、今回はルーターやプロバイダなどを中心に必要なものや、簡単な申込み方法などまとめてみました。 目次 PS5でIPv6をプレイするために必要なこと プロバイダへ申込み方法について 「IPv4 over IPv6」とは おすすめのプロバイダはある? ・ドコモ光の場合 ・auひかりの場合 ・ ...

インターネット

【PS5で高速通信】おすすめの光回線選びについて

PS5をプレイされる方で、もっとネット回線を速くするために光回線を見直してみようと考えられている方もいらっしゃるかと思います。 高速通信を実現するためには様々な方法がありますが、今回は根本的な部分である光回線に注目してまとめてみました。   現在自分が使っている回線がどうなのか、もう少しネット回線が速くなるのかなどについて参考になればと思いますのでぜひ読んでみて下さい。 PS5におすすめな光回線があるのかについても書いています。 目次 おすすめの光回線選びについて 選ぶポイント ・通信速度の速い ...

CoD PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】視野角のおすすめ設定と「エイム視野角(連動・個別)」について

「Call of Duty:Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)」(以下CoD:BOCW)が発売されたので、改めて設定面を調整しました。 今回はその中の「視野角」について紹介しています。 視野角はどれくらいがおすすめなのか、新たに設定できる「エイム視野角」の連動と個別の違いなども画像を合わせて書いているので読んでみてください。 目次 視野角ついて ・PS4では高い視野角でのプレイはおすすめしない ・視野角の違いとメリット・デメリット エイム視野角 ...

その他

暗くても(夜間)綺麗に撮れるおすすめドライブレコーダー(2019年版)

更新日:

ドライブレコーダーを選ぶ基準は、利用ユーザーによってこだわりが変わる部分でもあると思いますが、今回は夜間など暗くても綺麗に撮れることを中心にピックアップしたおすすめドライブレコーダーを記載しています。

フロントカメラ、リアカメラそれぞれの性能を比べていますので、総合的に見ておすすめできるものを最後に記載しています。

(※2019年7月時点のおすすめ)

暗くても(夜間)綺麗に撮れるおすすめドライブレコーダー(2019年版)

夜間最強フロントカメラ

フロントカメラの夜間映像性能は、トップクラスのものを並べると結構大きな差があるとは言えないようです。

その中でも明るさや精細差などに強みのあるものっをピックアップしました。

KENWOOD DRV-MR740

リアカメラの画質最強部門でもおすすめした「DRV-MR740」は夜間の映像撮影性能もバッチリです。

フロントカメラのお話ですが、夜間でも文字がはっきり確認できるので、少し高めのドライブレコーダーを検討しているのであれば、これを選んでおけばとりあえず失敗しないのではないですかね。

日中も夜間も文字の認識性能はさすがケンウッド製の商品というところです。

 

PAPAGO! GoSaFe S36GS1

夜間撮影したときの最も明る区撮影できるというのがPAPAGO!の「S36GS1」。

文字の視認性にも優れているので、夜間撮影でもしっかり映し出してくれます。

リアカメラの方では上に挙げている「DRV-MR740」とでは差がでるかもしれません。

 

コムテック ZDR026

白飛びにも強くて、高解像度によりナンバーや看板などの文字もくっきり読める。

暗い部分が比較的しっかり撮影できるのが強みですね。

動画レベルの画質で撮影できるのですから、素人目線では十分だなと思います。

 

夜間最強リアカメラ

フロントカメラの画質は良くとも、リアカメラで差が出るドライブレコーダーも多くあります。

下にはリアカメラの画質が良い物を中心に商品を並べました。

PAPAGO! GoSafe S70Gs1

全体的にクリアに撮れるドライブレコーダー。

白飛びが抑えられているので、明るい印象ではないがしっかり見やすい映像が撮れるのが特徴です。

下に紹介しているユピテルの「DRY-TW9100d」と並んでトップのリアカメラ性能。

見やすさでいうと「GoSafe S70Gs1」に軍配が上がりそう。

 

YUPITERU DRY-TW9100d

DRY-TW9100dは全体的に白っぽくなる傾向があるようですが、比較的はっきりとした映像が撮れます。

明るく撮れるのがこのドライブレコーダーの良さですね。

視野角も157°と広角なのがありがたい。

標識などもちゃんと撮れるようなので、リアカメラの中でも高評価なドライブレコーダーです。

ちなみにフロントはフルHD(200万画素)です。

こちらで挙げているフロントカメラの画質には劣るかもしれないですが、バランスは良いです。

 

KENWOOD DRV-MR740

フロントカメラでもおすすめに挙げた「DRV-MR740」は、リアカメラの方も高い機能を備えています。

明るさはそんなに明るいわけではないですが、十分回りの状況は綺麗に捉えられます。

見え方としては「GoSafe S70Gs1」に近い感じ。

最もフロントとリアの組み合わせで安定しているのはこの「DRV-MR740」かもしれませんね。

 

総合的に夜間撮影で選ぶおすすめドライブレコーダー

独自で調べてみたものなので、「明るいほうが良い」「クリアな映像のほうが好き」など好みがあるかもしれないですが、下に2つピックアップしました。

 

KENWOOD DRV-MR740

フロントカメラ性能は夜間に関してはこの「DRV-MR740」がはっきりしていておすすめです。

リアカメラの方も明るさを抑えたタイプですが、クリアな映像を収めることができるので個人的にはこのドライブレコーダーがおすすめ。

夜間だけでなく日中でもきれいな映像が収められるので、3万円台のドライブレコーダーで失敗したくないのであればこれをチョイスするのがベストかなという見解になりました。

 

コムテック ZDR026

比較的明るめな撮影が可能なコムテックの「ZDR026」もバランスが良くておすすめ。

フロントカメラは視野角も広く、暗い部分で言えば上に挙げている「DRV-MR740」よりはっきり映せる。

リアカメラも明るい割に白飛びが少ないのが特徴。

画質こそ少し劣るものの、十分な機能が兼ね備えられています。

 

まとめ

個人的に調べてまとめているので、伝わりきらない部分が多いかもしれませんが、以上が夜間でも綺麗に撮れるおすすめドライブレコーダーとなります。

ここに挙げた他にもドライブレコーダーはたくさんありますが、フロントカメラとリアカメラとのバランスが比較的良いものをピックアップしました。

 

どれも3万円ほどなのですが、適当な安物で済ますよりある程度の画質を備えたものを選んでおいたほうが間違いなく良いと思います。

安物のドライブレコーダーは下手すれば役に立たないシチュエーションもありえますので、一定上の画質や視野角は意識して購入しましょう。

 

-その他

© 2020 Frontier9 Powered by STINGER