ガジェット

【ステルス家電とは何?】意味や種類を紹介‼

今回は個人的に気になったモノとして2023年のトレンドになるともいわれている「ステルス家電」についてまとめました。

あまり聞きなれない言葉だと思うので、この記事では「ステルス家電とは何なのか」という点と「ステルス家電の意味」について中心にまとめているので、この機会に知っておいてもらえたらと思います。

ステルス家電の意味

ステルス家電とは「家具と家電が融合したもの」のことを総称して言われており、新しいジャンルの一つとして「日経トレンディ」のヒット予測ランキングに取り上げられていました。

要するに一つの製品で家具と家電が一石二鳥のようになっている物のことを指していますね。

家具と家電の融合ということで、例えば冷蔵庫とテーブルが一つになった製品やバスマットと体重計が一つになった製品などがあり、今後も様々なものが出てくることが予想されています。

冷蔵庫とテーブルが一緒であれば、わざわざ氷や飲み物を取りに行く手間が省けたりするので、よりスマートなライフスタイルを求められている方にとっては大注目なジャンルになるでしょう。

種類について

まだあまり種類が豊富にあるわけではないようですが、下のようなものがあるようです。

種類

  • 冷蔵庫×テーブル
  • バスマット×体重計
  • 眼鏡×スピーカー×マイク

冷蔵庫×テーブル/LOOZER 冷蔵庫付テーブル

LOOZER(ルーザー)というブランドからリリースされているスマートテーブル(STB135/STB90/STB65)がステルス家電として紹介されています。

冷蔵庫とテーブルが合体した製品として知られていますが、それだけではなくUSBポートやワイヤレス充電なども備わっている画期的な製品です。

発売されているモデルにもよりますが、電源コンセントも2口備わっていたり、人感センサータイプのアンクルライトもついていたりとありがたい機能が搭載されているモデルもあります。


冷蔵庫付テーブル 【ルーザー公式サイト】

バスマット×体重計/スマートバスマット™

先行予約台数が3,000台突破したissin株式会社の「スマートバスマット™」もステルス家電の一つとして話題です。

お風呂上りに乗るだけで無意識で体重管理できるようになっています。

大きな特徴は「体重表示しない」というところ。

バスマットと連動させたスマホアプリで管理してくれるため、体重を認識してしまうストレスがないところがポイントです。

体重の増減だったりBMIの変化を自動的に記録してくれ、変化のみお知らせしてすることもできます。

その他にも健康維持モードやマタニティモード、コーチング機能など健康管理に役立つ機能が備わっているのもうれしいアイテムです。


issin株式会社/スマートバスマット

椅子×オットマン×マッサージャー/restool スツールフットマッサージャー

椅子とオットマン、フットマッサージャーとして3つの機能を兼ね備えている「restool スツールフットマッサージャー」。

椅子や足置きとして使用できることから、フットマッサージャーとして使用した後も出しっぱなしにしていても問題ないところが良いです。

座面にはヒーターもついているので、冬場はあったかい椅子としても重宝します。

メガネ×スピーカー&マイク/HUAWEI Eyewear

眼鏡の耳へかける部分にスピーカーとマイクが搭載されている最新オーディオグラスです。

耳が密閉されていないため周囲の音と合わせて音楽などを聴くことができるので、来客時のインターホンなどの聞き逃し等もありません。

メガネの横部分をスライドしたりダブルタップするといった操作で、音量調整や電話応答・終了もできます。

音漏れもほとんどしないようなので不思議ですね。

ノイズキャンセリングも搭載されているため会話品質にも期待できそうです。

まとめ:ステルス家電とは何?意味や種類について

以上がステルス家電についてとなります。

意味を簡潔にお伝えすると、ステルス家電とは複数の機能が合体した製品で、冷蔵庫と机といったようなメインで使用されることの多い機能が複数ある家具や家電のこと総称して言われています。

まだまだ種類としては豊富ではないようですが、今後様々な家具と家電が合体した製品が出てくることが予想できますね。

個人的にはやはり机と冷蔵庫が一体となった「LOOZER / 冷蔵庫付テーブル」は部屋にあったら格好いいだろうなと感じました。

このブログではがぇっと関係も取り扱っているため、今後は気になったステルス家電についても記事に取り上げられたらと思っているので興味がある方はチェックしていただけたらと思います。

-ガジェット -