PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】エイムレスポンス曲線の設定はどれがおすすめ?

「CoD:BOCW(コールオブデューティ・ブラックオプスコールド・ウォー)」の設定で調整できる「エイムレスポンス曲線タイプ」についてまとめました。 今作では「スタンダード」、「直線」、「ダイナミック」の3パターンの設定があるので、それぞれの特徴やおすすめ設定など参考になればと思います。   この記事には「おすすめの設定」も紹介していますが、プレイスタイルや感度によっても変わるので、実際にカスタムマッチなどで試しながら調整してみてください。 エイムレスポンス曲線タイプとは? スタンダード、直線、ダ ...

PS5 ゲーム 周辺機器

PS5で120fps出せるモニターと出せないモニター一覧

このブログでは「PS5に対応したモニターの選び方」として、リフレッシュレートや解像度などからおすすめのモニターをピックアップして紹介していますが、今回はその中でも「PS5で120fps出せるモニター」というところに焦点をおいてまとめています。   というのも、フルHDで120Hz以上に対応しているモニターを使用していても、PS5では120fpsでのプレイができないという事例が出てきました。   モニターのメーカーさんもこの内容については明確な回答ができていないような状況だったので、こち ...

ガジェット ゲーム

【モバイルモニター M505E】リモートワークやSwitchなどにおすすめ!(レビュー)

日本政府が推奨しているリモートワークという働き方がどんどん増えている状況もあり、仕事のためにモニターを用意するなど作業環境を整える方も多くなっているようです。 そんなタイミングで今回はGeChicのモバイルモニター「On-Lap M505E」を提供いただいたので、実際に様々な場面で利用したレビューを紹介しています。   実際に手元に届いたタイミングで第一に思ったことは、「リモートワーク以上にNintendo Switchに最適では?」ということ。 どうしても楽しい方に思いが動いてしまいそうですが ...

PS5 インターネット

【PS5をIPv6でプレイする】ルーターやプロバイダなど必要な設定、簡単な申込み方法について

PS5をIPv6の通信でプレイするためにはいくつかパスしなければならない項目があります! これまでPS4でIPv6でプレイされている方はとくに問題ないと思いますが、PS5を購入する機会にネット回線を見直すこともあると思うので、今回はルーターやプロバイダなどを中心に必要なものや、簡単な申込み方法などまとめてみました。 目次 PS5でIPv6をプレイするために必要なこと プロバイダへ申込み方法について 「IPv4 over IPv6」とは おすすめのプロバイダはある? ・ドコモ光の場合 ・auひかりの場合 ・ ...

インターネット

【PS5で高速通信】おすすめの光回線選びについて

PS5をプレイされる方で、もっとネット回線を速くするために光回線を見直してみようと考えられている方もいらっしゃるかと思います。 高速通信を実現するためには様々な方法がありますが、今回は根本的な部分である光回線に注目してまとめてみました。   現在自分が使っている回線がどうなのか、もう少しネット回線が速くなるのかなどについて参考になればと思いますのでぜひ読んでみて下さい。 PS5におすすめな光回線があるのかについても書いています。 目次 おすすめの光回線選びについて 選ぶポイント ・通信速度の速い ...

CoD PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】視野角のおすすめ設定と「エイム視野角(連動・個別)」について

「Call of Duty:Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)」(以下CoD:BOCW)が発売されたので、改めて設定面を調整しました。 今回はその中の「視野角」について紹介しています。 視野角はどれくらいがおすすめなのか、新たに設定できる「エイム視野角」の連動と個別の違いなども画像を合わせて書いているので読んでみてください。 目次 視野角ついて ・PS4では高い視野角でのプレイはおすすめしない ・視野角の違いとメリット・デメリット エイム視野角 ...

その他

有機ELとそうじゃない液晶画面の違いって何?簡単に説明!

更新日:

有機ELとそうじゃない従来の液晶画面の違いを簡単に説明しておきます。

最近ではテレビもスマホも有機ELが搭載されているものが多くなっており、耳にする機会もたくさんあると思います。

今回の記事は別の記事を書いていて必要になったので、参考までにというポジションで書いています。

かなりあっさりしていますがご了承ください!

有機ELとそうじゃない液晶画面の違いって何?簡単に説明!

有機ELとは、有機化合物に電圧を加えて起きる熱をほとんど出さない発光現象。

わかりにくいですね。

この説明だとちょっといまいち入ってきません。

 

一旦それぞれの液晶の特徴を説明しておきます。

従来の液晶画面

従来の液晶は画面の奥の方に光(バックライト)があり、その光をフィルターに当てて色を表現している。

 

有機EL

自ら発行し、画面に必要な色だけを発光して表現している。

例えば黒であれば発光する必要すらありません。

 

2つにはこのような違いがあります。

 

省電力効果が高い

上に説明したような違いがありますが、これによりどのような差が生じているのかも簡単ですが説明しておきます。

従来の液晶はフィルターを通しているので、自ら発光している有機ELのほうが鮮明な映像を表現できます。

ようするに、有機ELは自ら発光するので必要ない色は使いません。

 

例えば黒色を表現する場合は発光自体をしていないことになります。

ということは液晶では黒色を表現する場合でも光を必要としていたため、有機ELのほうが発光しないものがある分省電力になることが言えます。

 

だから有機ELが使われているデバイスはバッテリーの持ちが違うんですね。

 

この有機ELはプラスチック基盤で薄いのも特徴なので折り曲げることも出来ます。

今後はこの折り曲げるという部分でも活躍が期待できるため、新しい技術にも期待されています。

 

今回は以上です。

まとめると、従来の液晶は「フィルターを通して色を表現する」、有機ELは「必要な画素だけ発光して表現する」という違いがあるということです。

 

2つの液晶画面の差は光の発光の仕方だけでなく、バッテリーの持ちにも大きく影響しています。

テレビであれば電気代にも影響しますね。

 

今後テレビやスマホを買い換える際は、ぜひ有機ELという部分にも注目して選んでみてほしいですね。

すごく簡単に説明してるので物足りない部分もあるかと思いますが、ご了承ください。

-その他

© 2020 Frontier9 Powered by STINGER