Frontier9

ゲーム・PC周辺機器、ガジェット、インターネット、VODなどをまとめた個人メディアブログ。アフィリエイトブログに関する記事も更新しています。

インターネット

【プロバイダ変更】OCNからGMOに替えた結果、ネット回線速度の比較

更新日:

今回はプロバイダを「OCN」から「GMOとくとくBB」に変更したので、それによるネット回線速度の変化について記事へまとめていきます!

「プロバイダを替えるとネット回線が速くなる」という話はよく耳にしますが、実際に変更してみたところその他に問題点が出てきたので今から変えてみようとしている方はこの記事を参考にしてみてほしいです。

 

結論から言うとネット回線速度は良くなりましたし、月額費用も安くなったので結果的にはプロバイダを変更したことは良かったです。

ネット回線にはあまり詳しくない自分でしたが今回いろいろ勉強できたので、本当にプロバイダを替えるだけでいい結果が出るか悩んでいる方は目を通してもらえたらと思います。

【プロバイダ変更】OCNからGMOに替えた結果、ネット回線速度の比較

前回はルーターを変更した際の回線速度変化をまとめましたが、今回はプロバイダの変更とネット回線速度の変化を比較しています!

ルーター変更の回線速度比較について↓

ルーターを替えるだけでネット回線速度がどれくらい速くなったかについて

今回自分が使っているルーターを新しいものに買い換えて設置した ...

続きを見る

 

今回僕はドコモ光の「OCN」のプロバイダを利用していましたが、今回このOCNから「GMOとくとくBB」というプロバイダに変更しました。

auひかりの方も利用できます。
【キャッシュバック還元中!】GMOとくとくBBのauひかりキャンペーン

変更した理由はOCNでの通信障害が頻繁に起きていたりしていたのと、IPv6方式での通信が可能なサービスに変更するため。
※ 2020年6月より「OCN光 IPoEサービス」が有料ではなく標準で提供開始されています。

GMOとくとくBBではIPv6に対応のルーターを無料でレンタルしてくれるのもありがたいところでした!

 

実際にドコモの店舗でもプロバイダの相談してみたところ、おすすめなのが「GMOとくとくBB」だったのでこちらに変更することを決めました。

 

僕がGMOへプロバイダ変更依頼した直後に、OCNでもIPv6方式での通信が可能なサービスが標準提供開始されたので、別にプロバイダを変更する必要はなかったかもしれませんね。

 

プロバイダ変更によるネット回線速度の比較

あらかじめ記録しておいたスピードテストの結果を記載しておきます。

 

プロバイダ変更前のスピード

ルーターのみ変更後のPCで有線接続した際の回線速度が下の画像の数値です。

100Mbpsには届いていないですが、動画視聴などには特に問題ない数値なのでこの程度であれば特に気になるレベルはないですね。

 

プロバイダ変更後のスピード

こちらが変更後の有線接続した際の数値です。

プロバイダ変更前と比べるとPINGの数値以外は下がっているように見えますが、数回測ってみてもこのラインで前後しており、変更後の上りと下りの数値が高い場合もあったので、プロバイダの変更をしたことによってスピードが下がった、もしくは上がったと結論はつけがたい結果でした。

 

ここでちょっと「納得行かないと」思ったので、色々調べてみることに。

 

ネット回線速度が100Mbpsを超えない理由があった。

よく分からないなりにもまず試してみたのが、前回の記事で紹介した新しいルーターへLANケーブルを直接挿してPCで計測するという方法。

この方法で計測してみると数値が大きく変わりました。

下りは72.7Mbpsと低い数値になりましたが、上りは534.17Mbpsと自分の家では見たことない数値が出ています。
(計測サイト:https://www.speedtest.net/)

 

改めて別の計測サイトでも測ってみたところ、

下りが600Mbpsを超えるまで出るようになっていました。
(GMOの計測ページ)

計測するサイトによって数値が結構ばらつきがありますが、このサイトがわかりやすいのかなと思います。

 

何度か測ってみてもこの数値を前後していたので、これくらいの回線スピードが確保できるようになっているようです。
(時間帯や接続環境によって変動はあります)

 

宅内LANパネルに制限がかかっていた

ルーターに直接つなげた結果の数値が大きく変わったことで、ようやくLANケーブルを利用しているのに回線速度が100Mbps以上でなかった原因がわかりました。

 

僕の場合ですが、原因は宅内LANパネルにあったようです。

宅内LANパネルは自宅のLANコンセントからも有線でネット接続できるようにするやつですね。

 

この宅内LANパネルが100Mbpsまでしか対応していないものだったために、有線でも期待している回線速度が出ない状態だったことがわかりました。

 

この宅内LANパネルを替えないと、自宅に設備されているLANコンセント経由の回線は100Mbps以下になってしまいます。

LANパネルを替えるのにはこれまたお金がかかるので、現状対策としてはルーターから有線で接続する形を取ることで一旦しのぐ形にしました。

一応参考までにですが、宅店などで販売されているものは下のようなものです。

 

自宅の宅内LANパネルは2階にありルーターも2階に設置中。

実際に作業やゲームをする場所は1階であり、ルーターまでは距離があるので長いLANケーブルを用意してとりあえず対応することにしました。

 

最終的にはルーターを繋ぐことで解決しましたが、今後はこの宅内LANパネルも替えて長い配線をスマートにしていく必要がありますね。
(流石に家の中でLANケーブル20mは邪魔すぎる。)

 

結局プロバイダを変更してネット回線速度は上がったのか?

話が脱線してしまいましたが、改めて「OCN」から「GMOとくとくBB」へ変更したことによってネット回線は良くなったのかについて記載していおきます。

予めOCNの時に計測しておいた有線接続での数値は100Mbpsの上限があったため参考にはできないと判断し、Wi-Fiでの速度で比較しておきます。

【OCNでのWi-Fi】
(午後10時頃計測)

【GMOでのWi-Fi】
(午後10時頃計測)

スマホのWi-Fiで計測した数値では上のような結果でした。

基本的にどの時間でもGMOで計測したときのほうが安定して高い数値になっていたと思います。

 

OCNで計測していたときはIPv4であり、GMOに変えてからはIPv6での接続(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続)なのでネット回線速度が良くなるのは当然の結果でもあります。

 

結果的にはプロバイダを変更したことで回線速度はアップしましたが、今回の例でいうとIPv4からIPv6の接続回線になったということが速度アップした理由としてあげられると思います。

 

まとめ:【プロバイダ変更】OCNからGMOに替えた結果

改めて今回「OCN」から「GMOとくとくBB」へプロバイダを変更した結果をまとめておきます。

プロバイダの変更手続きに3000円の手数料がかかりましたが、ネット回線速度も良くなったので結果的に良かったです!

 

月々の料金も200円ほど安くなったので個人的にはプロバイダを変更して満足しています。

僕と同じような方にはおすすめできるプロバイダなので、実際に公式サイトなどでチェックしてみてください。

GMOとくとくBBのドコモ光

 

今回回線速度が良くなった大きな理由は、プロバイダを変更したというよりIPv4からIPV6での接続が可能になったというところだと思うので、OCNよりGMOのほうがネット回線が速いという結果ではないのでそこは注意したいところではあります。

 

ただOCNでは通信障害が結構短いスパンで起きていたので、GMOに替えることでこれがなくなったのは良かった点ですね。

もう少しOCNでの「IPoEサービス標準提供」が早ければ、プロバイダを替えずにOCNのまま様子を見ていたと思いますが。

 

この記事を読んでいる方でプロバイダの変更を考えている方は、今一度下の項目を見て自分の契約状況などを調べた上で検討すると良いのではないかと思います!

  • 現在の接続方式がIPv4なのかIPv6なのか
  • 宅内LANパネルのせいで速度制限がかかっていないか
  • LANケーブルの規格は問題ないか
  • ルーターが古くないか(IPv6に対応していないなど)

この他にもあると思いますが、変更前に一度確認してみてください。

 

今回は以上です!

 

IPv6にすると、PS4オンラインプレイ時の回線が悪くなるという声がたくさんあります。

そちらについては実際に検証した内容で記事も書いていますので、詳細についてや対処法など気になる方は読んで見てください!

iPv6でPS4はできない?実際にオンラインプレイして対策をしました。

普段利用しているドコモ光のプロバイダを、つい先日「OCN」か ...

続きを見る

-インターネット

Copyright© Frontier9 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.