PS4 インターネット ゲーム

iPv6でPS4はできない?実際にオンラインプレイして対策をしました。

更新日:

普段利用しているドコモ光のプロバイダを、つい先日「OCN」から「GMOとくとくBB」へ変更しました。

そのタイミングで「PPPoE接続」ではなく「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」という接続機能で使うようになったので、PS4でのオンラインプレイにどのような影響があったかについてまとめています!

主な内容は下のとおりです。

  • IPv6での接続はPS4のオンラインプレイに影響があるのか
  • 実際にIPv6でオンラインゲームをプレイした感想
  • 快適にプレイできるための対策

といった感じですね。

これからプロバイダの変更やネット回線自体を新しくしようと考えている方は、この記事で紹介している接続方式についてあらかじめ目を通して置くと良いのではないかと思います。

PS5のIPv6対応が判明

iPv6でPS4はできない?実際にプレイして対策をしました。

【PS5の予約を確実にする準備と方法】予約開始時間や日程について

続きを見る

PS4でのオンラインゲームはできる?

よく言われているのが「一部のオンラインゲームができない」というものです。

オンラインゲームの配信サーバー、もしくはマッチングサーバーがIPv6に対応しているかどうかで決まるようなので、ゲームによってはIPv6での接続方式だとできないものがあります。

 

今回自分はプロバイダをGMOとくとくBBに変更しましたが、そのタイミングで「IPv4」から「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という接続方式に変わりました。

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」を簡単に説明すると、「基本はiPv6の環境で通信を行うが、IPv4のアドレスで行う通信をIPv6パケットに包んでIPv6として通信できる仕組み」の接続方式です。

 

自分はこの接続方式でPS4の「CoD:MW/WARZONE」をプレイすることができたので、オンラインゲームがプレイできないという事はありませんでした。

 

おそらくですが、現在フレッツ光や光コラボ回線を利用している方でIPv6での接続方式を利用されている方は、「IPoE + IPv4 over IPv6(v6プラス)」で利用されているのではないかと思います。

 

NURO光やauひかりなどの独自回線を利用できるところは、そもそもIPv4でも遅延などが起きにくいので影響を受けにくいと思います。

 

結論としてはIPv6でも「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という接続方式があるのでPS4でのオンラインゲームはできると言えます。

 

IPv6ではPS4での回線が悪いという声が多いが実際どうなのか?

基本的にIPv6での接続方式はIPv4よりネット回線は速くて快適です。

 

ただし、僕の場合はPS4でのオンラインプレイは残念ながらそうも行きませんでした。

回線は良くてもサポートされていないとやっぱり難しいみたいです。

 

下に自分の事例と知り合いの接続事例を書いたので参考にしてみてください。

 

自分の場合

僕がGMOとくとくBBの「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」での接続方式で、実際に「CoD:MW/WARZONE」を数日プレイした感想は下のとおりです。

  • とにかくずっとラグい
  • パケットロスが毎試合40%以上。(100を超えることも)
  • 遅延は常に100を超えており、ひどい時は300以上も。
  • 敵の瞬間移動は当たり前
  • プレイ中頻繁に自分だけ落ちてしまう

といった感じでいいところがなし。

満足にプレイできることは一試合なくオンラインゲームはできたもんじゃない状態になりました。

 

この環境腕はオンラインプレイを満足にプレイすることは難しいため、PS4のプレイ自体が可能な「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という接続方式がありますが、オンラインで快適に遊びたい方は「IPv4」での接続でプレイするほうがおすすめです。

 

ちなみに「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」の接続方式での回線速度は下のような数値です。

これくらいの数値でもずっとラグい状態なので、反射神経などが要求されるFPSなどでは勝負にならないです。

ラグいから撃ち負けたという言い訳は好きではないですが、流石に言い訳にしていいレベル。

 

知り合いの場合

ネットの環境が自分と全く同じ「ドコモ光のGMOとくとくBB」での「v6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)」で接続している知り合いがいますが、ラグさも感じず全く問題なくプレイできているとのこと。

 

自分と知り合いの環境の違い

  • 住んでいる県(相手の方が都会)
  • ルーターが同じではない

上以外は全く同じ環境でした。

 

同じ回線でプロバイダと接続方式が同じでもPS4の回線状況が何も問題ない場合もあるので、一概にもiPV6での接続をやめたほうがいいということができないのも厄介ですね。

都会のほうがいいのかルーターが関係しているのかは不明です。

 

細かいネット回線速度の数値などは聞いていませんが、v6プラスでプレイしているのは間違いないそうなので人によっては相性がいい場合もあるみたいでした。

 

PS4を快適にプレイするための対策

今回わざわざプロバイダを変えたものの、PS4のオンラインプレイをするという面では結果的に残念な形になってしまったので対策行いました。

 

プロバイダへIPv4への切り替えを依頼する

利用プロバイダ:GMOとくとくBBのドコモ光

 

結局自分が行ったのはこの方法です。

シンプルにv6プラスを一旦廃止して「IPv4」での接続にするといことで、パケットロスが起きない環境でプレイすることにしました。

 

GMOは接続方式の変更はメールで依頼する必要があります。

この切替による料金は発生しないので、とりあえず依頼して変更しました。

 

ご利用のプロバイダによっては切り替えないでも良い可能性がある(併用できる)ので注意して下さい。

 

GMOとくとくBBでは、「v6プラス」と「PPPoE(IPv4)」を併用することができないので、こちら側からメールで切り替えてもらう依頼をする必要があります。

info@gmobb.jp←こちらへ送信

件名PS4利用希望
本文会員ID
契約者名
(不明な場合は契約住所と生年月日が必要)

折り返しメールが来るので、そちらの内容を確認して必要項目を入力して折返し送信するだけです。

 

変更までに日にちがかかってしまうのかなと思いましたが、メールを送ったその日のうちに切り替えていただけました。

改めてv6プラスを利用したい場合もメールで依頼することで行なえます。

 

v6プラスへの変更は日にちがかかるとのことです。
(2日程度で変更してもらえました。)

 

IPv4に切り替わった後、改めて有線接続で計測した数値が下のものです。

あまり混雑していない時間帯ですが上のような数字が出てていました。

パケットロスもほぼ0%で、遅延もあまりありません。

 

ただこれは昼間の数値なので、混雑時がどうなのかが重要なところ。

 

実際に混雑する時間帯(19時頃〜24時頃まで)の数値を計測すると、

「3〜10Mbps」でした。

 

この時間帯で何度も計測しましたが、12時頃まではずっとこのレベル。

最大でも20Mbps程度しか出ず、CoD:MWではずっと「オンラインサービス接続中」という表示でログインすらできません。

 

まいった。

 

というわけで、僕の場合はGMOとくとくBBではIPv4でも満足にプレイできないという結果になりました。

 

以前まではOCNのIPv4で利用していましたが、そちらでは混雑時も30Mbpsくらいは出ていて問題なくプレイ可能だったのに、いま現状は「GMOとくとくBBに変更するんじゃなかった」という状態です。

 

再び別のプロバイダ変えてもいいのですが、ゲームによっては快適にできる場合もあるようなのと、新しく出るPS5のIPv6対応の対応の方がどうなるかを確認するまではしばらくこの状態で我慢しようと思っています。

 

PS4のみネットワーク接続を「PPPoE」にする

こちらはGMOの「v6プラス」と「PPPoE(IPv4)」を併用することができる場合に行うことができる方法です。

方法

  • IPv6対応ルーターの「PPPoE」の設定をパススルーにする。
  • 「v6プラス」を利用しているルーターのLANポートとPS4を有線でつなぐ
  • PS4の「設定」→「ネットワーク接続」→「PPPoE」で設定して完了

これを行うことで接続できる可能性があるので、併用できるプロバイダの方は試してみてください。

 

ルーターを2台使って接続する方法もあります。

  • IPv6に対応しているルーターの「PPPoEの設定」をパススルーに設定
  • もう1台のルーターを「IPv4 PPPoE」用とし、IPv6対応ルーターのLANポートとIPv4 PPPoE用のWANポートと接続
  • 「IPv4 PPPoE」用ルーターを「PPPoE接続」の設定を行い、LANぽーととPS4を有線接続する。

こちらは試していないので参考程度にしてもらえたらと思います。

ルーターを2台お持ちの方などは試してみてください。

 

まとめ:iPv6でPS4はできない?快適オンラインプレイ対策

改めて結論を言うと、IPv6(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6)では満足にPS4のマルチプレイは遊べないということです。

もちろん僕の知り合いのような例外もありますが、多くの方はラグなどの不快感を感じながらプレイすることになるのではないかと思います。

 

そしてGMOとくとくBBのIPv4の接続では混雑時の回線速度はめちゃくちゃ遅く、オンラインゲームにログインすらできない場合もあるという形になってしまいました。

 

IPv6プラスを利用するのであればGMOとくとくBBは全然おすすめ!

「V6プラス」にすれば混雑する時間帯でも回線速度は3桁安定して出ますので、高画質の動画視聴やダウンロードも早いです。

「V6プラス」契約で1万円近くするしっかりとしたルーターも無料レンタルできるのでいいですよ。

 

現在利用しているプロバイダによっては簡単に「IPv4 PPPoE」と併用できる場合もありますし、すぐに切り替えてもらうこともできると思うので、悩んでいる方は一度利用しているプロバイダの公式サイトなどをチェックして検討してみてください。

 

オンラインゲームをあまり利用しない方にとってのお話なのでそこはお間違いなく!

 

新しくプロバイダを契約する場合などは、優先するものによって接続方式を選ぶのがいいと思います。

IPv4での回線速度に満足していないのであればIPv6(v6プラス)に切り替えて判断してみるのも良しです。

 

僕はGMOとくとくBBでのレビューしかできませんが、他のプロバイダを利用されている方のブログなどもあると思うので、色々検索してレビューを見るのもおすすめです!

 

今回は以上です。

その他にもネット回線に関する記事を書いているので興味があればチェックしてみてください!

【プロバイダ変更】OCNからGMOに替えた結果、ネット回線速度の比較

続きを見る

ルーターを替えるだけでネット回線速度がどれくらい速くなったかについて

続きを見る

【PS4/FPS】高画質&回線速度UPする快適設定

続きを見る

-PS4, インターネット, ゲーム

© 2020 Frontier9 Powered by STINGER