ガジェット ゲーム ゲーム/PC周辺機器

【PS4/PS5】DISCORDをミキサーやアンプでする方法と必要なもの(接続方法/画像付き)

更新日:

この記事ではPS4もしくはPS5でDISCORDを使用してボイスチャットを行う方法、それにあたって必要なものをまとめました。

実際に使用している接続方法などを画像つきで紹介しているので、音が聞こえない・マイクが繋がらないといった不具合も解決できると思います。

必ず用意しなければならないものもあり、接続するためにはお金がかかる場合があるので予めご了承ください。

こちらではスプリッターを使う方法とオーディオシステム変換器(アンプ)を使用する方法で紹介しています!

DISCORDが初めての方は下のはじめ方の記事も参考に!
【DISCORDの始め方】サーバーの作成方法、招待の参加方法について

PS4・PS5でDISCORDを使用してゲームをする方法と必要なもの(接続方法/画像付き)

イヤホンスプリッターを使用する方法

(スマホ、PCで可能)

必要なもの

  • マルチイヤホンスプリッター
  • オーディオ変換ケーブル(4極メス- 3極オス,×2) 3.5mm
  • イヤホン分配ケーブル 4極3.5mmステレオ(オス)-3.5mmステレオ(メス)×2分配ケーブル
  • ヘッドフォンジャックアダプタ
    (iPhoneなどで必要であれば)

すべて購入するとものにもよりますが約3,000円程度かかります。

下には今回実際に接続する際に購入したものを紹介しているので参考にしてみてください。

ヘッドフォンジャックアダプタは、iPhoneを使用している方などイヤホンジャックがないタイプのデバイスへ接続する際に必要です。

イヤホンスプリッター
オーディオ変換ケーブル(4極メス- 3極オス,×2) 3.5mm
イヤホン分配ケーブル

自分はヘッドフォンジャックアダプター以外を購入し、全部で2,500円程度でした!

必要なものは以上です!

 

デバイスとPS4側の設定

スマホにつなげた場合は特に設定する必要なくヘッドセットのマイクから音声入力することができましたが、PCで接続した場合は入力と出力それぞれDISCORD(アプリもしくはブラウザ)で設定が必要な場合があります。

PCで繋ぐ場合は音声の出力設定と入力設定をPC側で設定する必要があります。

上の画像を参考にお話しますが、PCでDISCORDのアプリもしくはブラウザを立ち上げ、「音声・ビデオ」にある音声設定で「入力デバイス」と「出力デバイス」を任意のものに選択して完了です。

 

イヤホンスプリッターでの接続方法

文字で説明しても理解しにくいと思うので、下記の実際に接続している画像から参考にするのがわかりやすいと思います。
※PS4とモニターもしくはテレビを接続して電源を立ち上げ、スマホでDISCORDのアプリを立ち上げている状態です。

  1. コントローラーとイヤホンスプリッターをAUXで接続
    (AUXケーブルはBELKIN マルチイヤホンスプリッターに付属していたものを使用しました)
  2. iPhoneなのでヘッドフォンジャックアダプターを使用。
    (PCやジャックがあるスマホの場合はそのまま接続でOK)
  3. 変換アダプタケーブルの4極オス側とヘッドフォンジャックアダプターを接続し、イヤホンスプリッターのオスを変換アダプタケーブルの3極メス(緑)と接続。
  4. オーディオ変換ケーブルのマイク側(赤)を変換アダプタの3極メス(赤)ヘッドホン側(緑)イヤホンスプリッターに接続。
  5. オーディオ変換ケーブルの4極オス側をヘッドセットにつないだオーディオケーブルと接続。

文字にするとかなりややこしくなってしまうので、とにかく画像をしっかり見てオス・メス間違わず接続するのが良いかと思います。

この接続方法であればPS4の音とスマホの音どちらも聴く事ができました。

自分の音声の方も、スマホからでなくヘッドセットのマイクから音を拾うことが確認できています。
(DISCORDの音声入力で確認済み)

 

注意点

このイヤホンスプリッターを使った方法で気になったのは音量です。

人によってはの話にはなってしまいますが、ゲーム側の音の最大音量が物足りないと感じる可能性があります。

自分はゲーム音を最大にすると少しうるさく感じるのでとくに問題はなかったですが、もしかしたら「もっと大きい音が出ればいいのに」と思う方もいるかも知れません。

スマホ側からの音量は大きさの幅が広く、小さすぎるとは感じないので問題ありませんでした。

 

ゲーム音がどうしても小さいと感じる場合は、コントローラーへの接続をモニターもしくはテレビに接続して調整すると改善するかもしれないので試してみてください。
(使用するモニターやテレビによっては小さくなる場合もあると思います。)

 

GameDacやMixAmpを使用する方法

必要なもの

  • アンプ
    (MixAmpやGameDac)
  • HDMIアダプター
    (PS4SlimやPS5など光デジタル出力端子がない場合に必要)
  • AUXケーブル
    (スマホ接続時に必要)

アンプはヘッドフォンやイヤホンで聴く音をサラウンド音質にできたりイコライジングできる機器です。

FPSゲームなどで重要な足音を聴きやすくできたりするので、とくに有名なMixAmpやGameDacを持っている方が多いと思います。

これらはゲーム音とボイスチャット音をミキシングでき、音量調整も手元で簡単にできるので個人的にはイヤホンスプリッターよりおすすめです。

光デジタル出力端子がないPS5などではHDMIアダプターが必要なので注意してください。

紹介したMixAmpとGameDacは参考までに下へ商品ページをまとめています!

接続方法

接続方法はイヤホンスプリッターを使う際よりごちゃごちゃしていないのでかなりシンプルでスッキリしています。

画像はGameDacで接続した方法ですが、MixAmpを使用する場合も大きく変わらないです。

上の画像ではPC接続はUSBで行っていますが、AUXの方でも可能だと思います。
(試してはいません。。)

 

アンプを使えばゲーム音とチャット音声のバランスを手元のダイヤルで手軽に調整できるので、わざわざ設定画面を開いて調整するような煩わしさがなくなります。

イヤホンスプリッターで気になったゲーム音の音量もしっかり出力できるので、小さすぎると感じることはないでしょう。

 

まとめ:PS4・PS5でDISCORDを使用してゲームをする方法と必要なもの

以上がDISCORDを使用しながらPS4・PS5などで遊ぶ方法でした。

どちらを選ぶにせよ必要なものがあるので予算または機能性など考慮して選んでみてください。

個人的にはMixAmpもしくはGameDacのようなアンプを選ぶのがおすすめです!

価格が1万円を超えてしまうので予算に余裕がある人向けにはなりますが、アンプのイコライザ機能を利用して足音を強調したりすることもできるので、がっつりFPSゲームなどをされる方は思い切って買ってみると今後重宝するアイテムになるとおもいます。

是非参考にしてみてください。

 

今回紹介した内容と大きくは変わりませんが、Nintendo SwitchでのDISCORDの使用方法についてもまとめています!
Apex/スイッチ版でボイスチャット(VC)する方法、接続(LINE/DISCORD)

-ガジェット, ゲーム, ゲーム/PC周辺機器

© 2021 Frontier9 Powered by STINGER