PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】設定のおすすめ(強くなりたい方必見)

「Call of Duty:Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)」のベストな環境設定を紹介! BOCWで強くなりたい方は、ゲーム内の環境設定を見直して設定しておくことで何も設定していない状態よりも確実に優位に戦えます。   劇的に強くなったと感じられるものではありませんが、現状の自分のプレイスキルに付加価値をつけられる項目を紹介しているので、設定して見てください! 目次 【CoD:BOCW】設定のおすすめ(強くなりたい方必見) 感度とボ ...

PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】ボタン配置のおすすめについて

今回は[コール・オブ・デューティ ブラックオプスコールド・ウォーCoD:BOCW]の強いボタン配置のおすすめについて書いています。   先にお伝えしておきたいのが、ボタン配置に関しては好みや合う合わないがあると思うので、ここで紹介しているのはプレイがやりやすく強いボタン配置です。   プロの方でも様々な持ち方やボタン配置があるのでこれが一番強いとは言えませんが、比較的誰でも馴染みやすいもので紹介しているので、今のプレーに限界を感じている方やデフォルトのまま何も変えたこと無い方などの参考 ...

PS4 PS5 ゲーム

【CoD:BOCW】感度/エイムアシストのおすすめ設定(初心者向け)

2020年11月13日に発売の「CoD:Black Ops Cold War(コールオブデューティ・ブラックオプスコールドウォー)※以下BOCW」。 今回はこのBOCWでの感度とエイムアシストのおすすめ設定について書いていきます!   自分はCoD猛者というわけではないので、一般的に言われている低い感度と高い感度の良し悪し、そしてプロの方々の感度も参考にして書きました。 どちらかといえば初心者の方に参考にしてもらいたい内容になっていると思うので、そういった方々の参考になっていれば幸いです。 &n ...

PS5 ゲーム

PS5に光デジタル出力端子ついていない件についてとIPv6の対応は

PSの発売情報の詳細が明らかになって歓喜していましたが、落ち着いて色々見ていくと気になる部分もちらほら。 一番気になっているのはIpv6への対応だったんですけど、明らかになったPS5の概要を見てみると「光デジタル出力端子」の表記がない事に気づました。   自分はPS4 ProでGameDacというゲームの音質を良い音に変換してくれるオーディオシステム変換器を使ってやっていますが、このGameDacが利用できなくなるわけです。 MixAmpを使っている方も気になると思いますが、そのあたりについても ...

PS5 ゲーム

【9月17日】PS5公式発表会の内容や新たな情報まとめ

日本時間9月17日(木)午前5時より行われた「PLAYSTATION 5 SHOWCASE(PS5の映像イベント)」の放送から、重要な内容をピックアップしてこちらに詳細を載せています。 主にはローンチ期や発売されるゲームの紹介ですが、早朝とあり視聴できなかった方のためにも簡潔に紹介しているので参考になれば幸いです。 目次 PLAYSTATION 5 SHOWCASE 発表内容 ・ゲームタイトルアップデート情報 ・PS5と同時発売タイトル 発売日と価格、予約について まとめ 【9月17日】PS5公式発表会の ...

PS5 ゲーム 周辺機器

【PS5対応 モニター】おすすめと最適な選び方!

PS5(プレイステーション5)の発売に合わせて今回はモニターについてのお話です! せっかくだったらPS5の性能にあった最適なモニターを選びたいので、現段階で紹介できるおすすめできるモニターと選び方を記載しました。   PS5の魅力を最大限に堪能するためにも、今回紹介するモニターの選び方を参考にしてもらえたらと思います。 ※PS5の現情報での紹介なので、今後の発表により変わる部分出てくる可能性があります。 最適なモニターは今後変わるのは間違いないので購入をお考えの方は注意してください! 目次 PS ...

PS4 ガジェット ゲーム 周辺機器

【JBL QUANTUM 800】レビュー!PS4設定やマイク音質について

更新日:

今回PS4で使用するヘッドセットを新調しました!

 

購入したのは2020年5月22日に発売されたばかりのワイヤレスヘッドセッド「JBL QUANTUM 800」

様々な用途に対応している万能なヘッドセットであり、ワイヤレスなのに低音の音質が抜群との評価なので今回購入してみました。

実際にPS4でひと月程度使用したので、音質、マイク音などレビューしていきます!

 

「JBL QUANTUM 800」がどのようなヘッドセットなのか気になる方が読まれていると思うので、先に主な特徴をまとめておきます!

特徴

☆ハイレゾ対応
☆Bluetooth対応
☆Discord認定
☆ACTIVE NOIZ CANCELLING内蔵
☆高音がクリアで低音の迫力も抜群
☆どちらかといえば低音好きにおすすめ
☆ワイヤレスのヘッドセットの中ではトップクラスの音質
☆サウンドカスタマイズなど各種設定が可能

 

レビューということでこのヘッドセットの良いところ・悪いところそれぞれ正直に書いています!

まだ使用ユーザーも少ないヘッドセットだと思いますので、今回のレビューを参考にしてみてください。

【JBL QUANTUM 800】レビュー!PS4での設定や音質、マイク音(ヘッドセット)

JBLについて

JBLといえばSonyやBoseなど大手メーカーと並ぶくらい世界的に有名なブランドなので、知っている方も多くいらっしゃると思います。

そのJBLが今回ヘッドセットをリリースするということで、音響好きな方からも注目されていました!

 

JBLはスピーカーブランドの中でも低音域に強いという特徴があります。

音域の広さの再現度も高いため、コンサートホールや映画館などでもJBLのスピーカーは使用されています。

 

JBL QUANTUM 800のスペック等

JBL QUANTUM 800のスペックなどを簡単にまとめておきます!

価格:19,800円(税別)

□アクティブノイズキャンセリング機能(ANC)

簡単に説明すると、外部の音が聞こえないようにするために信号処理技術を使って遮音する機能のことです。

AirPods Proなどにも内蔵されている機能ですが、ワイヤレスのヘッドセットにANCがついているものはあまり見かけないので貴重だと思います。

 

□ハイレゾ認定50mmダイナミックドライバー搭載

ハイレゾ対応はありがたいですが、今の所ゲームでは利用することはなさそうですね。

PS4のメディアプレイヤーではハイレゾ音源を試聴するすることができるようになっているので今度試してみようと思います。

 

□QuantumENGINEソフトウェアでカスタマイズできる

WindowsPCでイコライザ機能やマイク音量など様々な部分の調整ができます。

 

□DISCORD認定ゲームオーディオチャットダイヤル搭載

ヘッドセットについているダイアルを操作するだけで、ゲームとチャットの音声バランスが調整できます。

SkypeやTeamSpeakなどにも対応。

 

□対応プラットフォーム

PC|MAC|Xbox|PlayStation|Nintendo Switch|Mobile|VR

 

□接続方法

・3.5mm接続
・2.4GHz ワイヤレス接続
・Bluetooth機能

 

その他にも多数機能ありますが、注目機能をピックアップしました。

詳しくは商品ページなどで確認してもらえたらと思います。

 

JBL QUANTUM 800のレビュー

早速レビューしていきます!

まずは見た目から。

【外面】

実際に手元に届いてみると、思った以上にしっかりしていて高級感が感じられました。

 

かっこいい。

ずっしりとした感じで安っぽさはまったくないです!

 

一応外面の文字や外周りは光るので参考までに画像ものせておきますね。

 

【内面】

内面は「L」と「R」で左右がわかりやすいようになっています。

ドライバーもしっかり見えていますね。

イヤークッションもかなりモフモフでつけ心地も非常に良いです!

頭頂部にもクッションがあり、個人的に嫌な感じはしなかったです。

 

ワイヤレス仕様時は最大14時間使用可能なバッテリーとなっています。

 

音質について

音質については別記事へたっぷりまとめました!

【JBL ヘッドセット】ワイヤレス音質など詳しくレビュー/Quantum 800

前回「JBL QUANTUM 800」についてレビューをまと ...

続きを見る

ワイヤレス接続時の音質、3.5mm接続時の音質などそれぞれの違いなど詳しく書いています!

 

FPSなどでの足音に関しても記載しました。

 

サウンドカスタマイズ(JBL QuantumENGINE ™)について

「JBL QUANTUM800」のヘッドセットでは、「JBL Quantum Engine」で設定を行うことができます。

※Windowsのみ対応なので注意ダウンロードページ

 

「JBL Quantum Engine」であらかじめ設定しておかないと、ヘッドセットの力を最大限引き出せないのでできる人は調整しておきましょう。

音質はかなり変わるので調整必至。

 

主に設定できるのは以下の通り。

  • JBL QuantumSOUNDのオン/オフ
  • イコライザープリセット選択
  • RGBライティングカスタマイズ
  • マイク感度調整
  • チャットとゲーム音バランス調整

こちらはイコライザー調整画面。

それぞれのプリセットを選択することで調整することがができます。

もちろん自分で「低音を上げる」などカスタマイズすることもできるので、好みの調整でプレイ可能。

 

PS4でプレイする際はこれらの設定を予め設定しておかないと反映しないので注意が必要ですね。

 

本当は実際にゲームをプレイしながらイコライザーなどの調整をしたいところですが、「PCで設定→PS4でチェック」といった感じで少し手間がかかるのでPS4ユーザーは少し面倒さを感じてしまうかもしれません。

 

PS4でもアクティブノイズキャンセリングを利用することは可能ですが、あらかじめPCでサイドトーンをオフにしておかないと切り替えができないのでそちらも注意が必要です。

 

マイク音声について

ヘッドセットを選ぶ理由として、ボイスチャットなどで伝わるマイク音声は大事なポイントの一つ。

Quantum 800のマイクピックアップパターンは単一指向性なので、外部音は入りにくくなっています。

 

ワイヤレス接続の場合のマイク音質は、音声に厚みが少なく少し軽い感じに聞こえますね。

配信や動画などには向かない音声ですが、ボイスチャットでオンラインプレイする分には特に問題はない程度です!

 

3.5mm接続での場合のマイク音質は、ワイヤレスより比較的厚みがある音声になっていてスカスカ感が少しマシになっています。

これくらいの音質なら配信を行ってもそこまで不快にはならないかなと思いますが、結局の所良いマイク音質とはいい難いのが本音です!

 

すごく良いマイク性能というわけではないですが、不快さはないレベルの音質なので結果的に「良くはない」という評価にしています。

一応フレンドとPS4でパーティチャットを組み、3.5mm接続で聴いてもらいましたが、相手の方も音質が悪いという印象はそこまでなかったようです。

 

試しにワイヤレス接続で聴いてもらうと、やっぱり「こっちはあんまり良くないな」という感想を頂いています。

 

つけ心地と重さについて

この「JBL QUANTUM 800」の重さは408gとヘッドセットの中では重たい部類です。

 

先につけ心地は良いという話をしましたが、重さが400g超えているということもあり、肩こり、首こりをしやすい人で「重いヘッドセットは無理」という方は合わないかもしれないですね。

 

ただ、イヤークッションのおかげなのか、つけ心地の良さもあってかなり緩和されているように感じています。

 

自分は首(頚椎)のヘルニアを一度やってしまって首があまり良くないですが、それでも3〜4時間気にせずプレイできているので重さの割には長時間プレイできるヘッドセットと言えるかもしれません。
※個人的感想です。

 

実際に使用してもらわないと伝わりにくい部分なので参考程度に!

 

JBL QUANTUMシリーズとおすすめ

今回「JBL QUANTUM 800」のレビューを書いていますが、 QUANTUMのヘッドセットには4パターン用意されています。

実際に利用している方々のコメントなどを参考にし、各ヘッドセットのおすすめのポイントや価格、特徴を簡単ではありますが一緒に記載しておくので参考にしてみてください。

 

QUANTUMシリーズ

 

JBL QUANTUMONE

価格:24,800円(税抜)

QUANTUMONEシリーズで一番の高価格のヘッドセットです。

 

下に特徴をまとめました。

  • 重量:369g
  • マイク着脱可能
  • 3.5mm接続/USB接続
  • ワイヤレス接続不可
  • JBL Quantum Engineで設定可能
  • USB接続だとJBLの音質の良さが出るが、3.5mm接続だと少し物足りなさあり
  • マイク音がUSB接続だと微妙、3.5mmだと悪くはない。
  • アクティブノイズキャンセリング機能あり
  • イヤークッション
  • 周波数特性/20Hz - 40kHz
  • 単一指向性

USB接続時の音質が低音好きにはたまらないめちゃくちゃいいJBLサウンドだそうです。

3.5mm接続時との差も大きいようなので、マイク音声より音質を取る方にはおすすめできるヘッドセットだと思います。

USB接続時の音質が良いということもあり、PS4でプレイするよりPCでプレイされる方のほうがおすすめのヘッドセットです。

 

JBL QUANTUM400

価格:9,880円(税抜)

1万円を切るQUANTUM400のヘッドセット!

 

下に特徴をまとめました。

  • 重量:274g
  • マイクはフリップアップミュート
  • 3.5mm接続/USB接続
  • ワイヤレス接続不可
  • JBL Quantum Engineで設定可能
  • USB接続だと低音は強めになり、3.5mm接続だと少し低音が落ち着く傾向。
  • マイク音がUSB接続でまずまず、3.5mmだとUSBより声の厚みが少し減る。
  • アクティブノイズキャンセリング機能なし
  • イヤークッション○
  • 周波数特性/20Hz - 20kHz
  • 全指向性

QUANTUM400は上位モデルより価格が大幅に下げられていることもありますが、見た目、つけ心地、音質、マイク音それぞれのバランスが取れたヘッドセットになっているようです。

JBLということもあり、低音もある程度重視されている模様です。

マイク音質だけで言えばQUANTUM ONEとQUANTUM 800より良いという話なので、1万円以内のヘッドセットとして考えている方にはおすすめできるヘッドセットだと思います。

 

JBL QUANTUM100

価格:3,880円(税別)

QUANTUM100はQUANTUMシリーズで一番安い価格のヘッドセットです。

 

特徴を下にまとめます!

  • 重量:220g
  • マイクは着脱可能
  • 3.5mm接続のみ
  • ワイヤレス接続不可
  • アクティブノイズキャンセリング機能なし
  • イヤークッション○
  • 周波数特性/20Hz - 20kHz
  • 全指向性

税込み4000円ほどのヘッドセットではありますが、この価格帯にしてはかなりポテンシャルの高いヘッドセットです。

上位モデルよりマイク音声が良いのも特徴です。(JBL QUANTUM400と同等)

 

アクティブノイズキャンセリングがついていない分なのか、マイク音質はスカスカしていません。

 

っていうかとりあえずヘッドセットを手頃な価格で手に入れたいという方は多分これめちゃくちゃおすすめできるやつだと思います!

 

ヘッドセット【JBL QUANTUM 800】音質・マイクレビューのまとめ

改めて「JBL QUANTUM 800」の良かった点、悪かった点をまとめておきます!

とりあえず今回購入してみた感想ですが、めちゃくちゃ満足です。

 

ワイヤレスでこの音質、おまけにANCまでついているなんて他ではなかなかないヘッドセットだと思います。

まじでおすすめ!

 

良かった点

  • アクティブノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンというところがかなり良い。
  • 音質もJBLだけあって、低音のキレもよく素晴らしい迫力でゲームができます。
  • PCを使っての音質調整などでゲームに限らず幅広く設定できる。
  • イヤークッションがよくて装着感抜群。

 

悪かった点

  • マイク音質が微妙(ワイヤレス接続時)
  • 各種設定をPCで行う必要がある(こだわる場合)
  • 410gと重いので疲れやすい

 

やっぱり一番はアクティブノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドセットというところがおすすめできるポイントですね。

それに加えて音質もワイヤレスにしてはかなり良いのでかなり満足できるヘッドセットだと思います。

特に低音を大事にしている方には満足できる音質ではないですかね。

 

逆に残念なのはマイク音質。

ワイヤレスも3.5mm接続時くらいよかったら言うことはないのですが、ワイヤレス接続時のマイク音質はお世辞にもいいとは言えないかなと。

 

とはいえVCの相手に迷惑がかかるような汚い音質ではないのでご安心を。

PS4パーティ内などでは聞きやすくはなっていたので、特に気にしたことがない方は問題ないレベルです!

 

最後に、今回この「JBL QUANTUM 800」を購入したタイミングでUSB-DAC「SteelSeires GameDAC」というものも購入しているので、改めて記事にする予定です。

記事を書きました

オーディオ変換器とし有名な「Mix AMP」と同じような役割をするものですね。

こちらもぜひ読んでみて下さい。

-PS4, ガジェット, ゲーム, 周辺機器

© 2020 Frontier9 Powered by STINGER