PS4 ゲーム ゲーム/PC周辺機器

PS4でディスコードVCをするやり方/接続方法を画像で解説

PS4ユーザーがディスコードでボイスチャット(VC)をしながらゲームをするためのやり方をまとめました。

PS4でPCやXbox、Switchなど別のデバイスユーザーとボイスチャットをするためには、ディスコードなどの通話アプリを使う必要があります。

この記事では接続方法の画像を用いて説明しているので、初めてやる方にとってもわかりやすくなっているのではないかと思うので参考にしてみてください。

記事の内容

  • VCにDiscordがおすすめな理由
  • PS4でディスコートを行うために必要なものや接続方法について

基本的にはこの2点で完結に説明しております。

PS5で行う場合も大きく変わりませんのでPS5の方もお試しできます。

DiscordはスマホもしくはPCを使う必要があるのでそちらも準備しておきましょう。
【DISCORDの始め方】サーバーの作成方法、招待の参加方法について

ディスコードがおすすめな理由

先にお伝えしますと、PS4以外のユーザーと一切ボイスチャットをする機会がないのであればディスコードを使用する必要はそんなにありません。

ただ、音声品質やユーザー個別での音量調整、ノイズ抑制機能が優秀なので、“できればディスコードのほうがいいよね”というところだともいます。

主に下のようなポイントがあります。

ポイント

  • 世間的にもディスコードを使うのが一般的になってきている
  • 音声品質がPS4パーティチャットより良い
  • ノイズ抑制機能があるため環境音をカットできる
  • ボイスチャット相手の声の音量を個別で調整できる
  • PSの設定画面を開かないので画面を切り替えなくてよい
  • PS以外のデバイスのプレイヤーとVCができる

一番のポイントはゲーム内のVCを使用しないでいいため、全然知らない方へ声を聞かれないで済むという点。

気にしない方もいらっしゃると思いますが、ゲームによっては仲間内だけでしゃべりたい場合でもゲーム内ボイスチャットを使用すると難しくなります。

もう一つ良いポイントとしては音に関する部分です。

チャット相手の声の音量をそれぞれ個別に調整できる点と、こちら側の環境音などを抑制できるノイズ抑制機能が使える点は大変重宝します。

音声品質もPSチャットより聞き取りやすくキレイに聞こえるため、予算を少し欠けてでもディスコードを使うのがおすすめです。

ディスコードとPS4の連携について

現在ディスコードとPS4を連携することは可能になっています。

ただ、残念ながらPS4でディスコードのボイスチャット通話を使用することはできない状態です。

今後順次機能が追加されているという声明が出されていることから、通話機能にも対応してくれることが予想されています。

2022年前半頃には提供されるようなことが触れられてはいましたが、現在まだ新しい情報はありません。

このPSでDiscordのボイスチャットの使用が可能になれば、特に別途準備をするものも必要なくなると思うので、詳細な情報が明らかになり次第改めて記載いたします。

おすすめ方法①:ヘッドセットだけで行う方法

今回紹介しているPS4でディスコードを行う方法の中では最も簡単な方法で、後に紹介するミキサーやアンプを使用せずDiscordでやり取りすることができます。

ただ、2LINE入力できるヘッドセットを用意する必要があるため、コストがかかってしまいます

2INE入力できるヘッドセットとは

PS5やPS4からのゲーム音と、PCやスマホなどで起動しているDiscordの音同時に聞くことができるヘッドセット。

  • 2つのワイヤレス接続でそれぞれのデバイスの音を聴けるヘッドセット
    (JBL QUANTUM 800など)
  • ワイヤレス接続と有線接続で同時に聞くことができるヘッドセット
    (SteelSeries Arctis 7PEPOS H3 Hybridなど)

方法としては最も簡単ですし、配線もゴチャつかないためスマートな環境を構築できます。

個人的には特にJBL QUANTUM 800がおすすめ。

ワイヤレスでゲーム機とPCもしくはスマホに同時接続できるので、コードなどの煩わしさが一切ありません。

ワイヤレス特有の遅延もほとんど感じないため、ゲームのプレイにも支障は感じませんでした。

注意する点マイクをゲーム機側ではなくPCもしくはスマホのほうへ出力する点と、ワイヤレス故に電池残量を気にしなければならないという点です。

おすすめ方法②:ミキサーを使用する方法

ミキサーを別途用意して行う方法です。

3,000円程度で快適な環境を構築することができるので手軽に始められる方法の一つになっています。

必要なもの

  • マルチイヤホンスプリッター
  • オーディオ変換ケーブル(4極メス- 3極オス,×2) 3.5mm
  • イヤホン分配ケーブル 4極3.5mmステレオ(オス)-3.5mmステレオ(メス)×2分配ケーブル
  • ヘッドフォンジャックアダプタ
    (iPhoneなどで必要であれば)

※それぞれ製品の質によって価格は上下すると思いますが、かかっても4,000円以内で揃えることができます。

自分はヘッドフォンジャックアダプター以外を購入し、全部で2,500円程度に収まりました。

ミキサーの接続方法

上の画像が接続している状態の画像です。

それぞれ番号を振っているのでそれぞれ下記を参考にしてみてください。

  1. コントローラーとイヤホンスプリッターを3.5mmオーディオケーブルで接続
    (3.5mmケーブルはイヤホンスプリッターに付属していたものを使用)
  2. ヘッドフォンジャックアダプターを使用。
    (PCやジャックがあるスマホの場合はそのまま接続でOK)
  3. 変換アダプタケーブルの4極オス側とヘッドフォンジャックアダプターを接続し、イヤホンスプリッターのオスを変換アダプタケーブルの3極メス(緑)と接続。
  4. オーディオ変換ケーブルのマイク側(赤)を変換アダプタの3極メス(赤)・ヘッドホン側(緑)をイヤホンスプリッターに接続。
  5. オーディオ変換ケーブルの4極オス側をヘッドセットにつないだオーディオケーブルと接続。

今回はスマートホンで立ち上げたディスコードで撮影しているものを用意していますが、接続先はスマホではなくPCでも問題ありません。

注意点

画像での接続方法では、マイクはヘッドセットのマイクでやり取りする形です。

マイクがついていないイヤホンやヘッドホンを使用している場合はスマホのマイクでやり取りをする形になるので注意してください。

注意ポイント

  • PS側の設定で「出力機器」が音を出したい先に設定しておく
  • ゲーム音量が最大にしても少し控えめに感じる可能性あり
    (コントローラーに接続している部分をテレビやモニターに変えると、そちらから出力されるためモニターやテレビ側で音の大きさを変える事もできます。)

おすすめ方法③GameDac、MixAmpを使用する

予算があるのであれば、GameDacやMixAmpなどのアンプを使う方法が最もおすすめです。
※GameDacやMixAmpには約15,000円程度かかります。

必要なもの

  • MixAmpもしくはGameDacなどの本体
  • ヘッドフォンジャックアダプタ
    (iPhoneなどで必要であれば)
  • HDMI変換アダプター

重要な点は、PS5やPS4Slimなどの光デジタル出力端子がないデバイスでは別でHDMI変換アダプターが必要です。

 

重要な点は、PS5やPS4Slimなどの光デジタル出力端子がないデバイスでは別でアダプターが必要です。

接続方法について

画像のように接続することでゲーム音とPCもしくはスマホからのディスコード音声を聞くことができます。

PCで接続する場合はUSBで接続し、スマホで接続する場合は3.5㎜ケーブルを介して接続する形でOKです。

この方法であれば、GameDacやMixAmpのつまみでチャットとゲーム音の音声バランスをミキサーより楽に調整できます。

まとめ:PS4でディスコードをするやり方

今回はPS4プレイヤーがPCやXbox、Switchなど別のデバイスを使用するプレイヤーとチャットするための方法としてディスコードを使用する方法を紹介しました。

接続している状態の画像を用意したので、割と簡単にできるのではないかと思うのでぜひ試してみてください。

基本的にはどれも用意しなければならない必要なものがありますが、自分に合ったものを用意して試してみてもらえたらと思います。

個人的にはサラウンド効果やイコライザー調整が行えるアンプを使った方法が一番のおすすめですが、自分の予算と環境に合ったものでディスコードを始めてみてください。

-PS4, ゲーム, ゲーム/PC周辺機器