Apex ゲーム

【Apex 足音聞こえない人用】イコライザーやPS4/PS5/PCの設定(定位感/方向)

更新日:

このブログではCoDなどのFPSゲームの足音に関する記事を書いていますが、今回はそのApex Legends版です!

Apexのマッチ中に足音が聞こえない方や、定位感(方向)などが分かりづらい方が多少なり足音が聞こえやすくなるような内容になっていると思います!

記事内容としては主に下記のような内容でまとめました。

  • PS4やPS5でできる設定について
  • おすすめのイコライザー設定(音域)
  • おすすめヘッドセット、イヤホン
  • MixAmpやGameDacについて

といった感じです。

手軽にできる設定から周辺機器を追加する方法などいくつか紹介しているので目次などから読み進めてみてください。

【Apex 足音プレデター】イコライザーやPS4/PS5/PCの設定(定位感/方向)

PS4やPS5でできる足音強化設定

PS4やPS5でプレイされている方が行える設定についてです。

ゲーム内設定

まずApexゲーム側で行えるオーディオ設定の部分について記載しておきます。

  • マスターボリューム・・・100%推薦
  • 効果音の音量・・・必ず100%
  • 会話の音量・・・好みの大きさでOK
  • BGMの音量・・・0〜10%推薦
  • ロビーBGMの音量・・・好みの大きさでOK

効果音の音量は足音の大きさに直結するので必ず100%にしておきます。

マスターボリュームも下げると足音や必要な音が聞こえにくくなったので100%がおすすめです。

会話の音量は大きすぎると邪魔になることもあるので自分は必要な情報が耳に入る程度に下げています。

BGMは必ず必要なものではないので0%もしくは10%程度にしています。

 

PS4/PS5本体の設定

期待度的にはあまり大きいものではありませんが、使用しているヘッドセットなどによってはPS4やPS5の本体側の設定で足音の聞こえが良くなる場合があります。

設定の工程はPS4とPS5どちらも同じで簡単に可能です。

本体の「設定」から「サウンドとスクリーン」を選択。

続いて「音声出力設定」を選択して「音声フォーマット(優先)」を選択します。

  • Linear PCM
  • ビットストリーム(Dolby)
  • ビットストリーム(DTS)

「音声フォーマット(優先)」を選択すると上の項目が表示されるので、ビットストリーム(Dolby)にチェックを入れておきます。

イヤホンではあまり効果を感じにくいですが、5.1や7.1chのヘッドセットを使用している方の場合は足音が聞こえやすくなる可能性があるので試してみてください。

もちろんイヤホンによっても聞こえ方が変わる場合があるのですべての人が良くなるといったことはありません。

 

Apexの足音に特化したイコライザー設定について

あらかじめお伝えしておくと、ヘッドセットのタイプ(密閉型・開放型)もしくはイヤホンなど使用している機器によって聞こえ方が変わるので注意してください。

 

一般的にFPSゲームなどの足音は低音域に乗っている場合が多いですが、Apexも低音域を上げることで足音自体は聞こえやすくなります。

わかりやすく言うとApexの足音は低音域から中音域にかけて強めに設定されているので、その部分を強調することで足音自体を大きくすることが可能です。

ただし低音域は環境音の音も含まれていることから、低音域を上げすぎてしまうと環境音と足音が混ざってしまい足音がはっきりしなくなる印象になってしまいます。

なので低音域と中音域の強さのバランスを取ることで足音の聞きやすさを調整しました。

上のイコライザー設定は自分が使っているGameDacというオーディオシステム変換器での設定ですが、GameDacに限らずMIXAmpやWindowsPCのイコライザー機能などでもフラットの設定より足音の聞こえが良くなるので応用が効くと思います。

上の設定では主にイヤホン使用時で使用していますが、密閉型のヘッドセットを使う場合は低音が強調されるので上の設定より低音域を下げた方がおすすめです。

開放型のヘッドセットやイヤホンを使用している場合は逆に低音域を強めに設定したほうがいい場合もあるので、自分が使用しているヘッドセットやイヤホンで聞きながら調整してみてください。

イコライザーの設定はPS4やPS5ではできませんが、PCでプレイされている方であれば「サウンド設定」のメニューで使用しているデバイスのプロパティから可能なのでぜひ設定してみてください。

PCでの設定ができないという方はイコライザーソフトの「Equalizer APO」などダウンロードしてやってみましょう。

 

MixAmpなどのオーディオ変換器について

MixAmpやGameDacといったオーディオシステム変換器をすでに使用している方は足音が聞こえないという問題はあまり無いと思いますが、先ほど紹介したイコライザー設定と自分が決めている設定値が大きく違う場合は、もしかしたら更に大きく足音を聞くことができるかもしれないので試してみることをおすすめします。

こういった機器を持っていない方のためにも、どういった機能なのかについて簡単にまとめているので参考にしてみてください!

GameDacレビュー記事はこちらより

  • ゲーム音とボイスチャット音のバランス調整が手元でできる
  • イコライザーでサウンド調整ができる
  • サラウンド機能を楽しめる
  • 足音や定位感が聞きやすくできる

GameDacとMixAmpは多少なり違いがありますが、大まかには上記にまとめたような事ができます。

PS4などではゲーム音とボイスチャット音のバランスはいちいち設定画面から調整する必要がありますが、オーディオ変換器があれば本体のボタンやコントロールで簡単に調整できます。

お気に入りの音質をプリセットにしておくこともできるので、ゲームごとで音質を選んで使うことも可能です。

個人的には定位感の把握がかなりしやすくなる印象があるので、FPSゲームをプレイする際は持っているGameDacをフル活用しています。

 

オーディオシステム変換器はイコライザの設定が簡単にできないCS機のプレイヤーにとってかなり重宝するアイテムです。

MixAmpやGameDacがあるとないとでは足音の聞こえ方や定位、距離も違うので、FPSゲームをガチでプレイされる人は一つ持っておきたいものだと思います!

PS4 SlimやPS5には光デジタル出力端子がないため、別途アダプターが必要になるので注意してください。
光デジタル出力端子がないゲーム機ではしたのようなHDMIアダプターなどを使用して接続します。
PS5対応のHDMIアダプター

足音が聞きやすいヘッドセットを選ぶ

実際に自分が使用しているヘッドセットやイヤホンのせいで足音が聞こえないという場合もあります。

Apex Legendsをプレイすることを重視して選ぶ場合は、低音が効きすぎていない中音域〜高音域の解像度が高いヘッドセットを選ぶと良いです。

こちらはEPOS/ゼンハイザー(Sennheiser) の密閉型「GSP 600」というヘッドセット。

FPSゲームなど足音を重視して聞きたい方はこのヘッドセットが人気でおすすめです。

逆に音楽を聴くという面では不向きなので、バトロワーゲームなど足音や定位感を重視するようなゲーム用として割り切って使いたいヘッドセットになると思います。

このヘッドセットのイヤーパッドは密閉型ですが、低音が出すぎず高音の解像度が高いのでApexで使用している人も多い印象です。

MixAmpなどのオーディオシステム変換器がなくとも足音が聞きやすいようなので、そういった機器を持っていない方でも満足行く製品なのではないでしょうか。

26000円前後と価格的には少し高い部類のものになりますが、同じ価格帯の中でも定位感など敵の居場所などわかりやすいみたいです!

 

こちらでは1点紹介しておきましたが、上のGSP600以外にも優れたヘッドセットはいくつもあります。

最近ではイコライザーがついたヘッドセットもリリースされていたりするので、PCで設定することができる人はそういったタイプを選ぶのもおすすめです。

今回は今現在自分が使ってみたいという目線で紹介しているだけなので参考程度にしていただけたらと思います!

 

まとめ:【Apex 足音プレデター】イコライザーや設定(定位感/方向)

今回はApex Legendsの足音に注目して記事をまとめました。

少し設定を変えるだけでこれまで聞こえないと思っていた足音が聞き取れるようになる可能性があるので、今回紹介したものでできる項目があればぜひやってみてください。

何も設定していないフラットな音と比べるとかなり遠くまで足音が聞こえる用になる可能性があります。

 

PS4やPS5の本体設定などでも人によっては効果を感じられる場合があるので、使っているイヤホンやヘッドセット問わず設定を変えてみて聞いてみるのもいいのではないでしょうか。

今後もよりおすすめできるヘッドセットや設定などあれば更新していくのでよろしくお願いいたします。

-Apex, ゲーム

© 2021 Frontier9 Powered by STINGER