Apex ゲーム ゲーム/PC周辺機器

【APEX/Switch版】ボイスチャット(VC)のやり方、接続設定の画像付き

更新日:

今回はSwitch版のApex Legendsでオンラインプレイする際のボイスチャット(VC)にフォーカスをあてた記事です!

わかりやすく接続設定した状態の画像も載せているので参考にしやすいのではないかと思います

Switch版でのボイスチャットを行うやり方はいくつかありますが、簡単な方法を中心に2つほど紹介しているので自分が望む方法を目次から参考に試してみてください。

Apexに関してはこの他にもいくつか記事をまとめているので参考にしていただけたらと思います!
【APEX】おすすめヘッドセットPS4・PS5/CS機向け(SwitchにもOK)
【Apex 足音聞こえない人用】イコライザーやPS4/PS5/PCの設定紹介

Apex/スイッチ版でボイスチャット(VC)する方法

これまでにSwitch版のフォートナイトやスプラトゥーンなどをプレイされてきた方は特に変わりない方法になっているかもしれません。

APEXゲーム内のボイスチャットが対応しておりやり取り自体は可能ですが、煩わしい点もいくつかあるのでそれを理解しておく必要があるためにを是非記事を読み進めてみてください。

 

ゲーム内ボイスチャットを利用する方法

Switch版のAPEXではボイスチャットが対応しているので、ヘッドセットなどマイクが付いているタイプのもを使用することでゲーム内のプレイヤーとコミュニケーションをとることができます。

これが一番簡単な方法ですが、個人的にはゲーム内のボイスチャットを利用するのはおすすめではありません。

 

おすすめではない点もについては下へまとめました。

  • 知らない人にも自分の声が聞こえてしまう
  • ボイスチャットの音質が悪い可能性がある

基本的にApexは3人1チームで行う事が多いゲームです。

自分含めパーティ全員が身内などの知り合いであれば「声が聞こえてしまうという」ということを気にする必要は基本的にありません。

ただし、ロード画面のときにボイスチャットが途切れることがあるので、この部分はすこし煩わしい部分だと思います。

 

煩わしい点として一つ例を上げると、「自分+知り合い+野良(知らないプレイヤー)」といった構成の場合は知り合いだけと声のやりとりをするということができず、野良のプレイヤーに会話がだだ漏れの状態でプレイすることになります。

基本的にミュートにしていない状態では知らない相手であっても「自分以外のプレイヤー全員に聞こえている」ということは知っておきましょう。

「自分+野良(知らないプレイヤー2人)」などであればミュート機能を使ってマイク切っておけば問題はありません。

もう一つはゲーム内のボイスチャット音質は基本的に悪いですね。

これもあまり好ましくない点です。

これらの事からけっこう煩わしい点が多いため、ゲーム内のボイスチャットはあまりおすすめではないでことが理解いただけたかと思います!

 

DISCORDなど外部通話アプリを使う

一番おすすめなのは、スマホなどにある外部通話アプリを使ってボイスチャットのやりとりする方法です。

Switchプレイヤーに限らずPS4・PS5やPCなどでも多くの方が「DISCORD」といったアプリを利用してボイスチャットを行っています。

DISCORDはSwitchプレイヤーに限らずPS4・PS5やPCなどでも多くの方が好んで使用しているアプリです。

LINEのグループ機能より音声面など優れているので、できればDISCORDを選ぶほうがいいと思います。

DISCORDがよくわからないという方は下の記事も参考にしてみてください。
【DISCORDの始め方】サーバーの作成方法、招待の参加方法について

 

もちろん馴染みがあるLINE通話を使用するのも問題はありません。

LINEでグループなどを設定しておけばボイスチャットのやり取りはそこで完結するので、ゲーム側のボイスチャットを聞こえないように設定し、自分の声もミュートしておくことで気にすることなく快適に知り合いだけのボイスチャットでApexをプレイすることが可能です。

ただし、LINEやDISCORDのような外部アプリを使う場合、「Switchの音(Apexのゲーム音)」と「スマホの音(ボイスチャット)」は別々の機器なので両方の音を聞くために工夫する必要があります。

その方法は次の項目へまとめました。

 

ゲーム音とスマホの音を同時に聞く方法

ここではLINEの通話でボイスチャットを聞きながらゲームをする方法でまとめていますが、接続に関してはDISCORDで行う場合も同じです。

 

ヘッドホン一つへ両方出力する(スマホとSwitchの場合)

ヘッドセット一つにゲーム音とスマホのLINEのボイスチャット両方を出力して聞く方法です。

必要なものが揃っていない場合は買い足さなければならないので注意してください。

 

初めて試みる方はわかりにくい部分が多いと思うので、簡単でコスパも良い多くの方が利用されている方法で紹介しておきます。

必要なもの

  • スイッチ本体
  • スマホ(LINEボイスチャットを聞くため)
  • ヘッドセット(マイク付きイヤホンでも可)
  • オーディオ変換ケーブル(4極メス - 3極オス,×2)3.5mm
  • オーディオ変換ケーブル(3極メス×2- 4極オス)3.5mm
  • イヤホンスプリッター(分配器)
  • 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ(必要に応じて)
✅  オーディオ変換ケーブル

✅ イヤホンスプリッター(分配器)

✅ 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ(iPhoneなど必要に応じて)

およそ3000円前後で揃えられるので予算を出せる方は行ってみてください。

接続図

接続図が少しわかりにくいかもしれませんが、必要なものへ書き出したものを用意することで可能になります。

実際にDISCORDで接続した状態の画像も用意したので下の画像も参考にしてみてください。

上の画像はPS4のコントローラーになっていますが、このコントローラーの部分をNintendo Switchを接続することでゲームの音を出力することができると思います。

スマホではなくPCでDISCORDを行いたい場合はスマホをPCにするだけでOKです。

注意点としては、iPhoneではイヤホンジャックがないタイプもあるため、別途変換アダプターが必要な場合があります。

そのため充電しながらDISCORDを行うのもワイヤレス充電器がないと難しくなるので、ワイヤレス充電器を利用するか下記のような変換アダプタを用意して行います。

基本的に多くの方はこの方法で行っていると思います。

ゲーム内のボイスチャットを利用するよりかなり快適になるので、自分だけでなく一緒にプレイすることが多いフレンドなどもこの環境でプレイできると尚良いですね。

 

とにかくすぐできる簡単な方法

おすすめではないですが、どうしてもお金をかけずに手軽な方法出やりたいという方はこのやり方でやってみてください。

ヘッドホンもしくはヘッドセットでゲームの音を聞き、ボイスチャットの音(スマホ側)をイヤホンに出力して両方同時に聞く方法です。

とにかく手軽さを重視した方法なので、ヘッドホンタイプの耳にかぶせる機器がある方はすぐにでもできます。

 

注意点スマホ側のイヤホンにマイクが備わっている必要があるのと、イヤホンとヘッドホン両方をつけてプレイするので耳が痛くなります。

もう一つ懸念点があり、イヤホンで声を聞くので耳にかぶせている側のヘッドホンの音が少し聞きにくくなるので、Apexなどのバトロワゲームで大事な足音などが聞き取りづらくなります。

こういったデメリットもかなり大きい方法なので、やはり外部通話アプリを使う方法がおすすめです。

 

まとめ:Apex/スイッチ版でボイスチャット(VC)する方法

以上がスイッチ版のApex Legendsでボイスチャットを行う方法です。

今回の記事ではDISCORDの説明は行っていませんが、LINEのグループ通話などで簡単にできる方法として紹介させていただきました。

環境を整えるためには少々お金がかかってしまうのが難点ではありますが、弊害なくボイスチャットが可能になることは間違いないので是非試してみてもらえたらと思います。

-Apex, ゲーム, ゲーム/PC周辺機器
-, ,

© 2021 Frontier9 Powered by STINGER