ゲーム ゲーム/PC周辺機器

【PS5でDiscord VC】やり方・使い方を接続画像つきで(PS4対応)

今回はPS5やゲームをプレイされる方PCやその他のコンソール機を使う方Discord(ディスコード)を使ってボイスチャット(VC)を行うやり方をまとめています。

主にPS5などでディスコードを使うための接続方法と必要なものを書きました。

実際に接続している画像も載せているのでわかりやすくなっていると思います。

記事の内容

PS5やPS4でゲームをしながらDiscordを使用してVCを行う方法
ヘッドセットだけで完結させる方法
ミキサーを使う方法
MixAmpやGameDac使う方

VCにDiscordがおすすめな理由

ノイズ抑制機能の良さについて

DiscordとPSの連携について

PS5やPS4同士であればDiscordを使用せずVCをすることに問題はありませんが、個人的にはPS5やPS4同士でもDiscordを使う方がおすすめです。

Nintendo SwitchやPC、Xboxなど別のデバイスを使用しているプレイヤーと一緒にVCをしながらゲームをする場合には、Discordがのような通話アプリが必要になってくるのでこの機会に参考にしてみてください。

DiscordはスマホもしくはPCを使うので、そちらも準備しておきましょう。
【DISCORDの始め方】サーバーの作成方法、招待の参加方法について

現在は基本的にPS4やPS5本体のみではDiscordを使用することはできません

Discordがおすすめな理由

Discordを使用するにはPSとは別にスマホやPCを起動して利用する必要があります。

必要なものがあったりと少しわずらわしさがありますが、それでもDiscordがおすすめだという理由を下へまとめました。

ポイント

  • 音声品質がPS4やPS5のチャットより良い
  • ノイズ抑制機能が搭載されている
  • ボイスチャットをする相手の声の音量を個別で調整できる
  • PSで設定する必要がないのでゲーム画面を切り替えなくてよい
  • PS以外のデバイスのプレイヤーとVCができる

このほかにもいろいろ良い点がありますが、ボイスチャットを行うという点だけ考えてもこういった利点があります。

とくに環境音が抑制できるノイズ抑制機能ユーザー個別で音量を調整できる機能はめちゃくちゃ良いです。

ノイズ抑制機能がすごく良い

個人的に特に良いと思っているのがノイズ抑制機能で、自分で任意の設定ができるためかなり便利です。

質の悪いヘッドセットやイヤホンマイクを使用している方の中には、環境音(テレビの音や周りの人の声など)ホワイトノイズ(サーやゴーといった音)がやたら入ってしまう方がいます。

ひどい場合は自分の声が返ってくる(相手のマイクに反響して?)ようなこともあるため、かなり不快に感じる相手もいました。

足音など音が重要なFPSゲームなどでは、この環境音などのノイズによって知らないうちに相手側に迷惑をかけている方も多いです。

そのため、Discordのノイズ抑制機能があればそういった音を抑えることができるので、質のいいボイスチャットのやり取りが可能になります。

音声設定では、ノイズ抑制機能だけでなくマイクの入力感度の調整もできるようになっており、上の画像のようにオレンジの部分の音はカットされ、緑の部分の音が出力される形です。

例えばパソコンのファンの音や、マイクが近い場合につい入ってしまいがちな鼻息などもカットすることができますね。

自分がマイクを通した声が返ってくるマイクテストができるので、このゲージを見ながらマイクの調整ができるのもありがたい機能だと思います。

質の悪いイヤホンマイクやヘッドセットを使用している人ほどDiscordを使用してもらえるとありがたいので、心当たりがある人はぜひ検討してみてほしいところ。

ユーザー個別で音量調整できるのが便利

PSのパーティチャットでは、それぞれのユーザーの声の音量をこちら側で調整できません。

Discordでは個別でユーザーの声の大きさを調整することが可能になるので、相手に「マイク音量を上げてほしい」といったことを伝えなくても良いです。

PSのパーティチャットでは「マイクの音量が大きい人」、「マイクの音量が小さい人」がバラバラなままプレイする環境でしたが、Discordではそれがなくなるのでより相手の声を聞きやすい環境でゲームを楽しむことができます。

もちろんゲームとの音量のバランスも任意で調整できるため問題ありません。

DiscordがPS4/PS5と連携可能に

2022年の1月にPS4/PS5とDiscordの連携開始という発表がありました。

すでにDiscordアカウントでPSの連携自体は可能になっていますが、PS4やPS5でDiscordのボイスチャットによる通話のやり取りができるわけではないので注意が必要です。

今後順次機能が追加されているという声明が出されていることから、通話機能にも対応してくれることが予想されています。

現段階では未定なところではありますが、期待したいところですね。

もともと2022年前半頃には提供されるようなことが触れられてはいましたが、現在まだ新しい情報はありません。

このPSでDiscordのボイスチャットの使用が可能になれば、こちらで紹介しているような必要なものをそろえて接続するようなこともなくなると思うので、判明次第まとめさせていただきます。

ヘッドセットだけでできる方法

今回紹介しているPS5でディスコードを行う方法の中では最も簡単な方法で、後に紹介するミキサーやアンプを使用せずDiscordでやり取りすることができます。

ただ、2LINE入力できるヘッドセットを用意する必要があるため、コストがかかってしまいます

2INE入力できるヘッドセットとは

PS5やPS4からのゲーム音と、PCやスマホなどで起動しているDiscordの音同時に聞くことができるヘッドセット。

  • 2つのワイヤレス接続でそれぞれのデバイスの音を聴けるヘッドセット
    (JBL QUANTUM 800など)
  • ワイヤレス接続と有線接続で同時に聞くことができるヘッドセット
    (SteelSeries Arctis 7PEPOS H3 Hybridなど)

方法としては最も簡単ですし、配線もゴチャつかないためスマートな環境を構築できます。

個人的には特にJBL QUANTUM 800がおすすめ。

ワイヤレスでゲーム機とPCもしくはスマホに同時接続できるので、コードなどの煩わしさが一切ありません。

ワイヤレス特有の遅延もほとんど感じないため、ゲームのプレイにも支障は感じませんでした。

注意する点マイクをゲーム機側ではなくPCもしくはスマホのほうへ出力する点と、ワイヤレス故に電池残量を気にしなければならないという点です。

ミキサーを使ってDiscordのやり取りする方法

できれば安めに済ませたい場合はミキサーを使用する方法がおすすめです。

PCやスマホのアプリなどで立ち上げたDiscordのボイスチャット音声PSのゲーム音を、ミキサーを経由して同じヘッドセットやイヤホンから聴くという形で使用します。

ミキサーを別途購入する必要がありますが、3000円程度あれば必要なものが揃えられるのでアンプを使用したやり方より安く済むのがポイントです。

必要なもの

  • マルチイヤホンスプリッター
  • オーディオ変換ケーブル(4極メス- 3極オス,×2) 3.5mm
  • イヤホン分配ケーブル 4極3.5mmステレオ(オス)-3.5mmステレオ(メス)×2分配ケーブル
  • ヘッドフォンジャックアダプタ
    (iPhoneなどで必要であれば)

※それぞれ製品の質によって価格は上下すると思いますが、かかっても4,000円以内で揃えることができます。

自分はヘッドフォンジャックアダプター以外を購入し、全部で2,500円程度に収まりました。

必要なものは以上になります。

ミキサー(イヤホンスプリッター)の接続方法

文字で接続方法を説明するのも少々ややこしいため、実際に接続した画像を用意してみました。

それぞれ番号を振っているので、画像に振っている番号と下の項目で照らし合わせてみてください。

  1. コントローラーとイヤホンスプリッターをAUXで接続
    (AUXケーブルはBELKIN マルチイヤホンスプリッターに付属していたものを使用しました)
  2. iPhoneなのでヘッドフォンジャックアダプターを使用。
    (PCやジャックがあるスマホの場合はそのまま接続でOK)
  3. 変換アダプタケーブルの4極オス側とヘッドフォンジャックアダプターを接続し、イヤホンスプリッターのオスを変換アダプタケーブルの3極メス(緑)と接続。
  4. オーディオ変換ケーブルのマイク側(赤)を変換アダプタの3極メス(赤)ヘッドホン側(緑)イヤホンスプリッターに接続。
  5. オーディオ変換ケーブルの4極オス側をヘッドセットにつないだオーディオケーブルと接続。

上の接続方法であれば、スマホからのボイスチャット音とPS機のゲーム音どちらもしっかり聞こえます。

ちなみにマイクですが、今回自分はヘッドセットを使っているのでそのマイクから音を拾って相手に届けています。

注意ポイント

  • PS側の設定で「出力機器」が音を出したい先に設定されていないとゲームの音が出ない
  • オーディオケーブルなどのオス・メスを間違えなように接続する
  • 最大ゲーム音量が少し控えめなので小さく感じる可能性あり
    (コントローラーに接続している部分をテレビやモニターに変えると、そちらから出力されるためモニターやテレビ側で音の大きさを変える事もできます。)

もしマイクが無いヘッドホンやイヤホンを使用している場合は、スマホのマイクでやり取りする形になるので注意しておきましょう。

MixAmpやGameDacを使った方法

アンプは基本的に15000円程度かかるので少しハードルが高いです。

アンプの利点としては手元でゲーム音とボイスチャット音のバランスを簡単に調整できたり、イコライザー機能を使ってゲームの音質を変えたり音に臨場感を出すことができます。

お金に余裕がある方はこちらのほうが断然おすすめです。

下にはGameDacを使用した説明で紹介していますが、MixAmpでも接続方法は変わらないので参考にしてみてください。

必要なもの

  • MixAmpもしくはGameDacなど
  • オーディオ変換ケーブル(4極メス- 3極オス,×2) 3.5mm
  • ヘッドフォンジャックアダプタ
    (iPhoneなどで必要であれば)

重要な点は、PS5やPS4Slimなどの光デジタル出力端子がないデバイスでは別でアダプターが必要です。

接続方法

マイク付きイヤホンやヘッドセットがあることが前提でお話しています。

接続がシンプルなので、ミキサーを使うより配線がごちゃごちゃしていないのは良いですね。

上の画像ではUSBでPCでDiscordを立ち上げて使用するためにPCへ接続している状態ですが、スマホでDiscordを使用する際はPS本体へUSBを接続し、モバイルジャックから3.5mmオーディオケーブルでスマホへ接続する形でOKです。

この接続方法でゲーム音とDiscordのボイスチャット音声も聞けますし、ヘッドセットからのマイク音声もスマホ側に出力されるのでボイスチャットのやり取りもできます。

MixAmp・GameDacをお持ちの方はこちらの方法を試してみてください。

まとめ【PS5でDiscord】やり方/接続画像つき

今回はPS4やPS5の方がPCやNintendo Switch、Xboxなどとやり取りするためのDiscordの接続に関して紹介しました。

接続例として載せている画像を参考にすれば、あまり悩むことなく住むと思います。

足りない製品があれば揃える必要がありますが、アンプを使わないのであれば3,000円〜4,000円程度で揃えられるので、手軽に始めてみたい方はミキサーで始めるのがおすすめです。

自分はミキサーを使う場合は2,500円程度に収まりました。

もちろんMixAmpやGameDacを持っている方はそちらを使えば問題なくできます。

値段以上に手軽さを考えるのであれば、2LINE対応のヘッドセットも良いです。

ぜひ自分に合う方法で試してみてください。

-ゲーム, ゲーム/PC周辺機器 -, ,