Apex ゲーム

【Apex Legends】パケットロスの原因/高い数値を0に向けて低く改善する方法

更新日:

無料で遊べるバトロワゲーム「Apex Legends」に関する記事です。

今回はゲーム内で見ることができるパフォーマンス表示のロス(パケットロス)の部分で、この数値が高い原因と低くするための改善方法としてまとめました。

通称「パケロス」とも言われていますね。

 

ご存じの方も多い部分かもしれませんが、まだApexを初めたばかりな方や気にしたことがなかった方は参考にしてみてください。

紹介している内容で改善できる所があればパケロスの数値が低くなる可能性があります。

【Apex Legends】「ロス」についてと0に改善する方法について

パフォーマンス表示について

Apex Legendsの設定画面から「パフォーマンス表示」オンにすることで、右上に画像のように各数値が表示させることができます。

ご存じの方が多いと思いますが、知らないという方は下の画像を参考に表示してみてください。

レイテンシの改善については別の記事へまとめました。
⇨「レイテンシ」の数値が高い!低くしたい人が見直す内容について

 

「ロス」とは「パケットロス」のこと

パフォーマンス表示にあるロス(パケットロス)はApex Legendsをプレイする上で非常に重要な部分。

敵との撃ち合いにも直結するので、できる限りパケロスの数値は0の状態でプレイできる環境が望ましいです。

 

パケットロスとは?

送信もしくは受信した情報が一部欠損してしまう状態のこと

映像は細かいパラパラ漫画のような形で表示されているため、イメージとしてはパラパラ漫画の一部のページが時々反映されずに映像として表示されてしまいます。

 

パケロスの数値が高い時の現象

Apex Legendsのマッチで紹介すると、敵が一定距離横に移動した際パケットロスがなければ特に問題なく滑らかに敵の動きが見えますが、パケットロスが起きていると敵が一瞬消えたりカクカク動いたりするような状況になります。

そういった状況になると敵を狙って銃を撃っているのに弾が当たらないという事も起こるので、Apex legendsのようなFPSゲームなどではパケットロスの数値が0、もしくは0に近い数値でプレイできていることが最低限必要な環境です。

 

パケットロスの原因

パケットロスの大きな要因としては下のようなものがあります。

  • Apex Legendsサーバー側の処理問題
  • 利用しているネット回線速度が低速
  • ルーターやONUなどの劣化

Apex legendsのサーバー側に原因があるばあいはマッチ全体が重くなり、自分以外のプレイヤーも高いパケットロスの数値やラグを感じる場合が多いです。

この場合はこちら側ではどうしようもできないのでそのマッチは我慢するか一旦退出する必要があります。

 

逆に自分だけ敵が瞬間移動するなどラグさを感じる場合は、自分のネット回線に原因がある場合が多いです。
おすすめの光回線選びについて
【プロバイダ変更】OCNからGMOに替えた結果、ネット回線速度の比較

自分のネット回線スピードの計測はPS4やPS5の設定から確認することができたり、下のリンクなどで計測できるのでチェックしてみましょう。(数値はチェックする都度違います)
インターネット回線速度のテスト

 

改善方法の例

上の画像はPS4Proでのプレイ環境ですが、ロスが7という数値になっています。

実際応答速度を示す「レイテンシ」も77msという数値になっていますね。
参考記事⇨【FPSゲーム】回線速度の良い数値・目安について

 

これは自分がゲームしていた時の環境で、ネット回線スピードがかなり遅い状態(2〜15Mbps前後)でした。

快適にプレイするには最低でも30Mbps以上はキープできるような環境が理想なので、15Mbps程度だとかなり不利な中戦わなければならない状態です。

 

この時の例で言えば、パケットロスが起きていた主な原因は2つあります。

  • 「IPv4」という接続方式でネット回線を使用
  • ネット回線が混雑する時間帯にプレイ

接続方式についてはこちらの記事へまとめているので詳しく書きませんが、この「IPv4」を「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」という方式に変更するだけネット回線が速くなり混雑時も安定します。

変更自体はメールでの依頼など簡単な方法で行える(使用プロバイダによります)ので、もし自分が利用している接続方式がわからなかったり、IPv4が原因だという場合は一度プロバイダに問い合わせてみるのがおすすめです。(注意点あり)

注意点

PS4で「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」に変更すると悪影響があるゲームもある
(PS4はIPv6に対応していないため)

実際にPS4Proで「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」でCoD:WARZONEをプレイしましたが、常時パケットロス+遅延だらけになりました。

Apex Legendsでは「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」でのプレイに問題ない場合が多いようですが、地域や環境によっては逆にパケットロスが増えてしまう可能性もあるのでご自身の判断で行ってみてください。

 

その他にもルーターの劣化やLANケーブルの変更によっても改善できる場合があるので、古いものを使っている心当たりがある方は確認してみましょう。
ルーターを替えるだけでネット回線速度がどれくらい速くなったかについて
回線速度が速くなるLANケーブルってあるの?オンラインゲームに最適なものは?

 

「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」にせずにPS4本体でネット回線を向上させる方法もあるので気になる方はそちらも参考にしてみてください。

【PS4/FPS】高画質&回線速度UPする快適設定

PS4本体で出来る高画質設定と回線速度がUPする設定について ...

続きを見る

まとめ【Apex Legends】パケットロスの原因と改善方法

以上がApex Legendsのパケットロスの原因と改善方法になります。

基本的には利用している自分のネット環境が原因の場合が多いので、今回紹介している内容を参考に改善できそうな部分があれば試してみてください。

 

PS4でプレイされている方はとくに「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続」へ変更する際は注意が必要です。

個人的にはPS4でApex Legends以外のオンラインゲームもするのであれば、とりあえずIPv4の接続方式を利用して我慢するほうがいい場合もあります。

 

とくにCoD:WARZONEではゲームにならなくなる場合があります。

 

今回の記事では有線であることが前提で書いてきましたが、無線でプレイされている方はそこが原因の可能性もあるので有線でつなぐことも考慮してみてください。

-Apex, ゲーム

© 2021 Frontier9 Powered by STINGER